FC2ブログ

「育休刑事」

 2020-04-04
似鳥鶏の『育休刑事』は、そのタイトルの通り、育児休暇中の刑事が遭遇する様々な事件を描くミステリー。
例によって、公式の粗筋を引用してみましょう。

県警本部捜査一課・秋月春風巡査部長。生後三ヶ月になる息子・蓮くんのため、男性刑事としては初の“育休”に挑戦中。それでも事件は待ってくれなくて――。お人よしの刑事と動じない見習いは難事件を解決できるのか!?前代未聞、予測不能の本格ミステリ!


育休中の事件と言われて日常の謎系の作品を想像すると、それは間違い。
本作は、質屋強盗や傷害事件のアリバイ崩し等、刑事モノとしてガチな内容のトラブルに、育休中の乳児連れの刑事が巻き込まれてしまうという流れの物語です。

ちょうど著者に子供ができたことから、その育児あるあるな実体験を盛り込んだ作品というわけですね。
その育休ネタの中には、なる程それは確かに大変だよなぁと思わせられるものもあれば、本人達が大変なのはわかるけれどもそれが周囲へ迷惑をかけることの瑕疵の無いエクスキューズになるとまでは思えないというものもあります。
つまり、似鳥鶏が作中で訴えている不満その他の中には、理解はできるのですけれども納得できないものもある、ということですね。
この辺は、私が育児経験のない(というか、結婚もしていない)独身中年男だから共感できないところなのかもしれませんけど、仮に実体験もあって純客観的にこの作品の育児ネタを判断できるような人がいたとしたら、そういう人がそのような点をどう捉えるのかというのは、一度聞いてみたいなぁと興味を覚えます。

なお、本作には全部で3つのエピソードが収録されているのですが、最後の1本で扱われる事件はかなりハードなものであり、それをこの作品で取り扱うことにはちょっと違和感が無くもありませんでした。
こういうのは、「戦力外捜査官」シリーズでやってもいいのでは?
新刊が出る予定があるのかないのかも分かりませんし、巻末の作品リストでは5冊目の『破壊者の翼 戦力外調査官5』が何故か記載されていないという扱いを受けてるシリーズではありますが……。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2203-30527127

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫