FC2ブログ

「ライト・ノベル」

 2020-03-28
滝本竜彦が2018年の11月末に出した、かなり久し振りの新刊となる、『ライト・ノベル』を今更ながら購入。
具体的に数字で言うならば、新作長編としては約17年振りのことだったらしいです。

そんな本作、読んでみればわかるのですけれども、かつて彼が書いていた幾つかの作品とは随分と違う作風になっています。
その点を 海猫沢めろん は「ここには、かつてのネガティヴで後ろ向きな少年と、それを救ってくれる聖母のような少女は存在しない。青春の蹉跌も存在しない。だが、確かにこれは滝本竜彦の作品なのだ」と評しています。
なるほど、まさしくその通りなものであると言えるのではないかと、私も思います。

ちなみに、公式の粗筋はこんな感じです。

「こんにちはーにゃ!」――貴重な青春を無難に過ごすだけの高校生・ふみひろの前に出現した光のゲート。そこを潜り抜け出てきたのは、猫耳やしっぽを持つ美しい女の子だった。以来ふみひろの前には、美少女という名の天使たちが次々と現れる。普通の少年に突然訪れるハーレムな日常。そこに隠された驚くべき世界の真実とは―!?


作品タイトルである「ライト・ノベル」とは英字表記で「light novel」となっていて、それはいわゆる小説ジャンルとしてのライトノベルと同じです。
しかしながら、本作におけるそれは、エンタメ文芸ジャンルとしての「軽い小説」というものではなくて、「光の小説」という意味になります。
ただし、いわゆるラノベ的な設定が作中に意図的に散りばめられていることを指摘するまでもなく、これは敢えてダブル・ミーニング的に使っているのは間違いないわけで、そこに作者の意図を読み取れなくもないかな、と思ったりもします。

率直にいって、賛否両論が割れそうな渾沌とした作品なのですが……
読み心地、読了感は悪くなく、おそらくはこの幻惑的なテイストこそが狙いで書かれているのだろうと考えれば、復帰作にかなり大胆なものを持ってきたなという感が無くもありません。
思えば滝本竜彦という人はもともと無難な作品など書いてこない人であったので、そこは相変わらずということですね。
何だか安心しました。

本になっている彼の小説で唯一未読な『ムーの少年』も、こうなると入手して読まねばならないかな……。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2196-a4223178

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫