FC2ブログ

劇場版「SHIROBAKO」

 2020-03-01
2014年から2015年にかけて放送された全2クールの作品、『SHIROBAKO』 の新作劇場版の公開が始まりましたね。
ちょうど新型コロナ対策で様々な施設の休館、ライブの中止などが報じられているところでの封切りとなったのは、作品にとってはマイナスでしたけれど、私の行った回は、客の入りはそこそこ。
皆、この作品を劇場で観たい、という思いを強く抱いていたようです。

で、前置きはさておいて、劇場版『SHIROBAKO』の感想です。
公開したばかりの映画のストーリーを具体的に書いてしまうのは興醒めですけれど、下の予告編で分かるくらいのことは、ある程度書いても構わないでしょう。
今回の劇場版は、TVシリーズの4年後、主人公の属する武蔵野アニメーション、通称ムサニが、自社制作作品の制作中止により多額の負債を抱え、社長が引責辞任、多くのスタッフが他社に移ったり独立したりした後の、下請けスタジオとして細々と存続している状態から始まります。
つまり本作は、そのような状態から、主人公の宮森が、そしてムサニ(旧ムサニ)の面々や関係者たちが、どのように立ち上がっていくのかを描いているのです。

夢を仕事にすることの重さ、夢は夢のままにしておけば苦しい現実など知らずに済んだのではないかということ、そしてそれでも尚、夢を追うことを捨てられないこと、夢を追おうとすることの意味、動機。
自分のあこがれや夢を職業にできた人の中でも、それを明確に自覚できている人は世の中にそんなに多くないのではないかとも思うのですが……
新人から中堅になっていくにつれて、当然ながら周囲から求められることはレベルアップしていくものですけれど、そのことと、自分がそれに応えられるかどうかは別問題ですよね。
これはアニメ業界に限らず、どの仕事でもあることです。
宮森達がそれにどう向き合い、抗い、前に進んでいくのか、劇場版『SHIROBAKO』とは、つまりそういう作品だったのかなというのが、現時点での私の感想。
今後、Blu-ray が発売されて、それを何度か観返していくうちに、また別の感想も出てくるかもしれませんけれど。

一言でいうならば、いい映画でした。
『SHIROBAKO』 でオリジナルの新作劇場版を作ると聞いて、どういうものになるかと抱いていた期待は裏切られず、望んでいたもの、あるいは望んでいたもの以上のものを見せてもらったという感じです。


公式サイトは こちら から

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2195-92b2cbf8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫