『4:13 DREAM』

 2008-11-25
THE CURE のニューアルバム『4:13 DREAM』を購入しました。
タイトルの「13」はこれが通算13枚目のオリジナル・アルバムであるということ、そして収録されている曲数が13であることのダブル・ミーニングで、「4」は今回3度目の復帰をしたオリジナル・メンバーのポール・トンプソンを迎えてバンドメンバーが4人になったことを意味しているそうです。
このアルバム、これが実に傑作なのです。
いかにもブリティッシュ・ロックらしい陰影を持ったサウンドはダークでゴシックでロマンチック。
今回は重苦しさは押さえめに、ポップな色彩も時折顔を出していますし、ロバート・スミスのボーカルも冴え渡っていて初心者にもお薦めなできばえ。
日本のヒットチャートしか聴いたことがない方は最初はとまどうかもしれませんけれども、個人的には、これを聴かずして2008年を語るな、とまで言ってもいいかも、と思っています。
まあ、騙されたと思って一度お聴きください。
アクのある音楽なので、本当に騙された、と感じられてしまうかもしれませんが……。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/219-66aea203

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫