FC2ブログ

CYNDI LAUPER 「Girls Just Want To Have Fun」他

 2020-02-11
CYNDI LAUPER の楽曲を初めて聴いたのは、おそらくTVKが放送していた洋楽のPVを流す番組でのこと。
何気に眺めていた画面から流れてきた「Girls Just Want To Have Fun」に、えらい派手な格好の女性がポップでキャッチーな曲を歌っているなと思い、一発でその存在が脳に刷り込まれました。
インパクトのある出会いだったと言っていいでしょう。
まぁ、何もそれは CYNDI LAUPER に限った話では無くて、私が所有し、アルバムを集めているミュージシャンであれば、その出会いは大概、インパクトが大いにあるのですけれど。





この時期に出会って、しかし当時は財力が無かったのでアルバム等を手元にすることができず、後になってから揃えたミュージシャンは多いです。
例えば、前回に紹介した DURAN DURAN 等もそうですね。
他にどんなものがあるか、というのは、挙げていくとキリがないのでやめておきますけれど。
なお、そのミュージシャンにより、実際に音源を手元にすることになった時期には、大学時代のアルバイト収入で買ったのか、就職してから買ったのか、そこに色々と違いはあります。
確か、CYNDI LAUPER は就職後だったはず。

なお、「Girls Just Want To Have Fun」で存在を認識した後には、「Time After Time」や「True Colors」といったバラードの傑作がリリースされて、それを聴いて「これは本物だ」と私は確信するに至ったのですが……
同じく初期の、私も好きな「She Bop」と一緒に貼っておきます。

その後の彼女の活躍等は、ここでわざわざ書かずともいいでしょう。
キラキラ輝き続けるポップスを送り続けている、素晴らしいミュージシャンです。







今回は私が彼女にハマることになった最初期の楽曲を紹介しましたが、それだけだと寂しいので、最後に、比較的最近の(といっても、2008年の作品ですが)楽曲を貼って、終わりたいと思います。
ベスト盤から入るのでも全然かまわないと思いますので、今まで CYNDI LAUPER を聴いたことが無い、あるいは、改めてちゃんとした音源を聴いていないという人は、ぜひ一度、試しに聴いてみてください。
凄く、いいですよ。





タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2186-11d813e8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫