機動戦士ガンダムOO 第2シーズン 第8話

 2008-11-23
満を持して(?)コーラサワー登場。
アロウズという組織に対して疑念を抱いているマネキン大佐は、そんなアロウズにコーラサワーを巻き込みたくないからと彼を遠ざけ、コーラサワーの側は、おそらく、そんなアロウズに関わっていてはマネキン大佐の身に何があるか分からないと思ってのことなのでしょう、彼女の言いつけに背いて敢えてアロウズに志願。
ガンダムと戦っては撃墜され、しかし常に五体無事に生還した為に同僚からは揶揄交じりに「不死身のコーラサワー」と呼ばれながらも、マネキン大佐のそばにいて彼女を護る為であれば、そんなことは気にしない。
おそらく、マネキン大佐が危なくなったら自らの身を投げ出してでも彼女の命を救う覚悟があるのでしょう。
お馬鹿なところばかりが目立ってきたコーラサワーですが、意外と男気があります。
ちょっと見直しました。
見直しはしたのですが……私もわざとそういう言い回しを使ったとはいえ、それにしても、マネキン大佐に「言いつけ」される、という表現が似合いすぎです、コーラサワー。

しかし今回の第8話で一番重要だったのは、コーラサワーのアロウズ入隊ではなくて、いよいよ明らかになったイオリア計画の全貌でしょう。
ティエリアとリジェネとの邂逅においてリジェネが語ったことが偽りではないとするならば、イオリアの計画は「ソレスタル・ビーイングによる戦争根絶と世界統合」、「アロウズによる人類の意思統一」、「人類の宇宙進出」の3段階。
イオリアが最初に武力行使に夜戦争根絶を宣言した時から、しかし彼の最終的な目的はそこには無いのではないかと思っていましたが、こうきますか。
主人公たちの行動の背後にある指導的思想がファシズムじみているのが『ガンダムOO』という作品ですが……。
何となく、『逆襲のシャア』のアクシズ内でシャアに向けてアムロが話しかけた科白、「革命はいつもインテリが始めるが 夢みたいな目標を持ってやるから、いつも過激な事しかやらない」を思い出してしまいました。
それにしても、第3段階での、「来るべき対話」が気になるところです。
「対話」というからには相手がいなければならないはずですが、人類が宇宙進出をすることで行われるであろう対話の相手って……まさか宇宙人?

パーティーに参加したティエリアの格好があんな感じだったのは、正体を隠す目的でスメラギが指示したからとのこと。
以前から性別疑惑のあるキャラクターでしたが、いちおう、胸はニセモノだという解釈の余地は残っている?
声まで変わってしまっていたのは、どう判断すべきか。
リボンズを始めとして中性的な容姿の者が多いですが、宇宙生活に適応した肉体にコーディネートされたイノベーターには、あるいは性別がないという考えもあるか、と、ふと思いました。
実際のところどうなのかは、これから先の物語で語られる、と思っておいていいんですよ、ね?
ティエリアに対し、ソレスタルビーイングが壊滅することはイオリアの計画で予定されていたことであり、むしろ今もまだガンダムが戦闘行為を行っていることの方が計画外なのだと語るリボンズ。
であれば同じイノベーターとして、ティエリアは自分たちに協力すべきであるのに、ロックオンに影響されて随分と人間臭くなってしまったものだ、と。
自分達の野望を実現する為にイオリア計画を利用しているようでいて、実は誰よりもイオリアの思想という呪縛に縛られているように見えるリボンズに対し、イオリアの思想に共鳴してソレスタル・ビーイングに参加しつつも、イオリアの計画を離れて自分達の信じるものの為、自分達の信じる「戦う理由」にのっとってガンダムを駆るソレスタル・ビーイングの面々。
第2シーズン開始以来のソレスタル・ビーイングの行動にはまだ芯が感じられないままではありますが、それでもどうやら、刹那達の向かう先、あるいは物語の構造が段々とはっきりしてきたような気がします。

また、このパーティーでは、刹那が憎むべきガンダムマイスターであることがルイスにばれました。
ですがルイスはドレス姿でしたから、刹那は彼女がアロウズでMSパイロットをやっていることは分かっていないはず。
今回潜入したパーティー会場でアロウズへの主要な出資者として挨拶をしていた、という情報は沙慈に伝えるかもしれませんが、それだけであれば、ルイスが戦場から離れたところにいると安心した沙慈は、カタロン支部を壊滅させてしまった引け目もあり、すぐにルイスに会いに行くということも無くて、しばらくはプトレマイオスでメカニック助手を続けるのではないでしょうか。
今回の刹那との会話で、ルイスは沙慈はコロニーで技術者をしていると思ったことでしょう。
お互いに相手が戦場で敵側にいるとは露ほども思わず、2人はこれからも知らずに銃口を向けあってしまうのでしょうか。

http://app.blog.livedoor.jp/koubow20053/tb.cgi/51148812
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/200811230003/e5435/
http://jigo.blog102.fc2.com/tb.php/817-324e1f52
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/tb.php/1249-a3d19265
http://wjham.blog95.fc2.com/tb.php/695-ef004b2b
http://app.blog.livedoor.jp/akbl/tb.cgi/147149
http://blog.seesaa.jp/tb/110089724
http://kurorizu.blog39.fc2.com/tb.php/319-367e9e96
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/218-54e065e5

【2008/11/23 20:43】
【2008/11/23 20:46】
  • 機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第8話「無垢なる歪み」【MAGI☆の日記】
    機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第8話を見ました。第8話 無垢なる歪み謎の人物リジェネが、突如ガンダムマイスターのティエリアのもとに現われる。「な…何故だ!?何故、僕と同じ容姿をしている!?」「それはDNAが同じだからさ。塩基配列パターン0988タイプ」「まさか...
【2008/11/23 21:00】
【2008/11/23 21:33】
  • 機動戦士ガンダム00 2nd season 第8話 感想【黒猫コミック館】
    「無垢なる歪み」 世界の歪みよりもティエリアの肉体の神秘の方が気になって仕方ありません。 CBの創設も含めてイオリア・シュフェンベルクが目指していたものの概要が全て語られた今回の話。バトルシーンはありませんでしたがそれなりに見応えはあったと思います。 ...
【2008/11/23 22:24】
  • アレマリでもつらくない? ガンダム00第8話【【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式】
     萌えって必要ですか?ガンダムに。私ははっきりいって要らんと思います。腐はまだ理解できるんですよ、シャアなんかはソッチ系の人気も高...
【2008/11/23 23:21】
  • (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第8話 「無垢なる歪み」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 自分と同じ容姿をしたリジェネの出現にティエリアは驚愕する。しかし、リジェネの口よりもたらされたイノベイターの情報は、さらにティエリアの心を揺り動かした。その後、アロウズの高官たちが集まるパーティの情報を得たCBメ
【2008/11/24 00:36】
【2008/11/25 10:26】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫