FC2ブログ

2020年冬期 開始アニメ 雑感 その3

 2020-01-15
この1月に放送を開始したアニメの第1話を鑑賞しての簡単な感想。
今回は、その第3弾のアップとなるわけですけれども、これで、私が視聴しようと決めていたものについては、一通り主だったものを溶解したことになるでしょうか。

1) 空挺ドラゴンズ

CGに今一つしっくりこない感じはありましたが、第1話の出だしとしては、悪くない感じでした。
ここから物語をどこに向けていくのか、ドラゴンの正体や生態などに迫っていく展開になれば面白いなと個人的には思いますが、それは地味なものになりそうだから、あまり無い、かな。
原作は読んでいないのでその辺りは分からないのですけれど、捕龍船クィン・ザザ号に諸事情を抱えて集った人々の群像劇になるのでしょう。
だとして、あまり人情路線には行かない方がいいかなぁ。人情モノも好きですけれど。
そこはかとなく、『天空の城ラピュタ』臭がするのは、この場合、ご愛敬だと言っておくべきでしょうか……

2) 理系が恋に落ちたので証明してみた。

こちらは、原作既読。
徹頭徹尾ギャグな話ですけれども、使っているネタが理屈っぽいので、それをどう表現していくのかに大いに興味を惹かれていた作品です。
マンガで読んでいる分には、文字で何度も読み返すことができますけれども、アニメだと、録画再生出ない限りは、同じ個所を何度も繰り返すことは、基本、できないわけですしね。
さて、それで実際の第1話がどうだったのかというと、無難に作ったかなぁという感じだったと言えばいいでしょうか。
無難がいけないわけではありませんし、スラプスティックな演出などが似合う作品ではないので、最大公約数、こするしかないかなという出来なのではないでしょうか。
「アニメ版ならでは」の何かがあったわけではありませんし、今後の物語も知ってしまっているので、第2話以降を視聴するかは、ちょっと微妙なところになったかもしれません。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2176-969a4e89

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫