FC2ブログ

2020年冬期 開始アニメ 雑感 その1

 2020-01-07
終わった番組についての話をしたならば、次は新たに始まった番組の話をしなければなりません。
そんなわけでいつものように、今期に放送が開始したアニメ作品の第1話を観ての簡単な感想を、視聴順に書いていこうと思います。
書いているうちにちょっと長くなってしまったので、まず今回は、2作品を紹介。

1) マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

正直、「まどか☆マギカ」 については、TVシリーズと劇場版で全てが奇麗に終わっていると思っていました。
なので、現在あちらこちらで展開されているアナザーストーリーについては、公式が2次創作の同人みたいな活動をしているなという認識でいたのです。
特にタイトルは出しませんけれども、実際、そういう内容の作品もありますしね。
これは別に、それが悪いと言いたいわけでは無くて、あくまで私の中ではそういう扱いになっているということです。
なので、『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』 がアニメ化されると聞いた時にも、それってどうなんだろうという疑念が拭いきれませんでした。
せっかくきちんとまとまっているものに対して、余計なストーリーを付け足して台無しにしてしまうのではないか、という恐れだと言い換えてもいいかもしれません。
で、第1話を観終わった時点でその心配が拭いきれたとは言いませんけれど、少しは薄れたかな、とは思っています。
スタッフが前作の雰囲気、物語、設定、その他諸々を大事にしていることは伝わってきました。
敢えて「マギアレコード」の物語については調べておらず、初見での感想を大事にしたいと思っているのですが、虚淵玄が関与していないらしいところに、まだちょっと不安は残っている、かな……。
それもこれも、第2話以降を視聴していけば、どうなっていくのかが判明していくことですよね。

2) 恋する小惑星

ベタな作品の予感しかしなかったものの、天文ネタは嫌いではないので試しに第1話を視聴してみました。
変に百合っぽさを強調していたり、登場キャラの精神年齢を疑うような造りだったら嫌だなと思っていたのですけれども、少なくとも第1話を観た限りにおいては、これは、良いベタですね。
とはいえ、この路線をこのまま行くのであれば、他の作品との差別化が図れません。
制作サイドがそれを望んでいるのか、そしてそもそも原作がそういう感じになっているのかは分からないのですが、個人的な好みを言わせていただくのであれば、やはり 『恋する小惑星』 ならでは、という要素がどこかに欲しいんですよね。
それを除けば、第1話では作画も演出も丁寧に作られていましたし、かなりガチな資料協力も得ているようなので、このクオリティーをある程度維持できるのであれば、なかなかしっかりとしたものを見せてくれそうな期待を持てます。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2174-f2c30f52

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫