FC2ブログ

「GのレコンギスタⅠ 行け!コアファイター」

 2019-12-02
富野監督のファンを公言している私の事ですから、どうせ観に行ったんだろうなと皆さん思っていたことでしょう。

はい。
隠すようなことでもないのでここでご報告しますが、現在2週間限定で公開中の映画、『GのレコンギスタⅠ 行け!コアファイター』 を劇場まで鑑賞に行ってきました。

公式HPの金のかかっていない作りとか、上映館の少なさとか、そういうところに、バンダイ及び興行サイドの本作に対する評価的なものが透けて見える気もしたりするわけですが。
それでもこうして全5部作としての劇場版製作に Goサイン が出て、そして実際に公開まで漕ぎつけているというのは、富野由悠季という人物に対する、これまでの貢献への褒賞的な意味があるのか、あるいは、以前は原作者として映像化を断固拒否していた 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 の映画化を承諾するのとバーターで劇場版が認められたのか、等々、色々と勘ぐってしまったりするのは、もともとTVシリーズの評判があまり良くなかったからです。

個人的には、面白いテーマで面白い物語になり得るものであったのに、2クールという枠に詰め込むことに失敗したなぁというのが、『Gのレコンギスタ』 に対する基本的な感想でした。
スポンサーサイドの要望に応えなければならないという義務感が出過ぎて、色々なモビルスーツをどんどん登場させて行った結果、散漫になってしまったところもあると思います。
あと、演出面、ストーリーテリングの面で、おそらく誰も監督に意見できる人がいなかったことが大きな原因となって、監督1人の思いがあまりにも強く前面に出過ぎて、結局どうにもまとまらないまま最後まで進んで行ってしまった面もあったかも。

今回の劇場版でポイントになるのは、そういう負の面がどこまで整理されて、どこまで払拭できているかというところでしょう。
どのみち、この段階でストーリーがTVシリーズとそんなに変わるわけがありませんしね。

で、そうやって観に行った 『行け!コアファイター』 なのですが……
うーん、まだこれだけでは何とも言えないですね。
とりあえず、第2部以降も劇場には足を運ぶのではないかと思います。
富野ファンの義務感もありますし。


公式サイトは こちら から

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2158-5b2617dd

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫