FC2ブログ

6人のメゾソプラノ 大メゾソプラノ時代

 2019-11-14
11月12日に、三鷹駅から歩いて15分くらいのところにある、三鷹市芸術文化センター星のホールで、以前に新百合ヶ丘に「蝶々夫人」を観に行った、オペラ歌手但馬由香さんの出演する「6人のメゾソプラノたち」を拝見してきました。

これは公演名の通り、ソプラノやテナーに比べ脚光を浴びることの少ないメゾソプラノの認知度を高めようという趣旨で、メゾソプラノ歌手が、但馬さんを始めとして6人集まって、様々に趣向を凝らして歌を歌うというコンサートです。
ステージは全2部構成。
第1部はメンバーがそれぞれ選んだアリアをピアノ伴奏で歌い、第2部はピアノ伴奏という点は変わらないのですが、プッチーニのオペラ「蝶々夫人」抜粋を6人のスズキ視点で再構成して展開するという作品でした。
正統派の「蝶々夫人」を観た記憶も新しいですが、今回は、それをお笑い方向に崩しまくった内容。
とはいえ、やはり最後は蝶々夫人が死を選んで終わるということに変わりはないのですが。

会場はかなり小さいホールなのですけれども、満席になっているお客さんを最大限度に楽しませようと一生懸命なのが伝わってきて、非常に楽しいステージになっていました。
実際、エンターテインメントとして優れていたと思います。
こういう舞台も、面白くていいですね。
普段クラシックやオペラにそんなに馴染みが無い人にも、特に第2部は取っつきやすい内容で、入門編というか、こちらの世界への勧誘、広報として大いに有効なのではないかと感じました。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2152-f15fd83d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫