2008 JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE

 2008-11-12
J-Sportsにおける自転車ロードレースの放送、2008年シーズンの最後を飾る、ジャパン・カップがオンエアされました。
レース自体は宇都宮の森林公園で先月の26日に開催されたものであり、今回放送されたのはその映像を編集した1時間のダイジェスト版なので、どうしても物足りなさはあるのですが、でも、うん、なかなか面白い展開のレースでした。
今回のレースはランプレのクネゴやクイックステップのヴィスコンティ、ブイグテレコムのボクレール等、本場ヨーロッパの最高峰のレースで活躍するチームのエースが出走していて、それも多いに話題を呼んでいたのですが、何といっても最大のトピックは、今回のジャパン・カップで、リクイガスのバッソが謹慎期間を終わらせてレースに復帰するということ。
これはどういうことかというと、つまり、今回のジャパン・カップには2004年(クネゴ)と2006年(バッソ)の、2名のジロ・デ・イタリア総合優勝経験者が出走しているということです。
全く、仕事ほか諸般の事情でやむを得ないことだったとはいえ、これを生で観戦しに行けなかったというのは、非常に残念でなりません。

さて、今回のレースの結果ですが、優勝は前週末のジロ・デ・ロンバルディアも制しているクネゴでした。
2位はヴィスコンティで、そして大注目のバッソは堂々の3位入賞。
今年のシーズンはこれで終りですが、バッソ、これでどうやら2009年に向けての手ごたえを掴んだ模様。
これは、来年が楽しみです。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/214-45e61e1d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫