FC2ブログ

パリ~トゥールはワライス

 2019-10-15
2019年ヨーロッパでのワンデイクラシックの、最終戦と言ってもいいであろうパリ~トゥール。
その名の通りにフランスの首都であるパリから、ロワール川周辺の中心都市のトゥールまでを走るコース設定のワンデイレースです。
まぁ、厳密に言えば、ゴールはツゥールのまさしく中心地ですが、スタートはパリ近郊の町なのですけれど、例えば東京のど真ん中から開始するレースをそんなに簡単に開催できるのかと考えると、これは仕方がないと言えるでしょう。
シャンゼリゼを車両通行止めにしてゴール地点に使うツール・ド・フランスが、特別なのです。

さて、かつてはスプリンターが活躍することが多かったという印象の強いパリ~トゥール。
昨年から最近の流行にしたがい、無舗装区間(しかも石がゴロゴロしてる)を取り入れてたことで、そんなイメージは一変しました。
自転車ロードレースのコースとしては相当に過酷な路面状況に、パンクも続出。
終盤にはアップダウンの連続もありますし、タフさがぐっと増したと言っていいでしょう。

そんなレースを今年制したのは、ロット・ソウダルのイエール・ワライス。
彼がパリ~トゥールに勝つのは、U-23時代も含めればこれで3回目になるそう。
相性の良さというものがあるのだとしても、それだけでここまで勝てるものではありません。
勇敢なアタックから独走しての堂々たるゴール、完全に勝利に値する走りを見せてくれました。


公式サイトはこちらから
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2137-65c9f8fd

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫