FC2ブログ

「HELLO WORLD」

 2019-09-25
新宿で映画『HELLO WORLD』を観てきました。
率直に言って、事前にはそこまで期待していなかったというか、とりあえず観てはみるけれど、実際どうだろうなぁという気分で行ってみた作品だったのですけれども、想像していた以上に、いいSFになっていました。

物語は基本、どちらかちえば淡々と進んでいく感じで始まり、つまり、いわゆる時間モノ恋愛SFの、ちょっとした変奏という印象で始まります。
時間モノと恋愛要素、青春要素はもともと相性が非常にいいですし、これもそういう路線で最後まで行くのかな、と思っていたのですが……
青春モノで時間モノで恋愛モノであることは間違いないものの、最後の局面で、それでは終わらないものをぶっこんで来たなというのが、私の本作に対する率直な感想ということになります。
そのぶっこんで来た部分、キャッチコピーにある「この物語(セカイ)は、ラスト1秒でひっくり返る――」の部分は、もしかしたら分かりにくいと感じた観客、あるいはそもそもそこの仕掛けを理解できなかった観客もいたのかもしれないと思えてしまう内容(と、見せ方)でした。
世界の構造について示唆されたこととか、八咫烏の役割・位置づけとか、そういうことを考えていけば、何となくでも理解できそうな気もしますけれども。

とはいえ、例えば単純に恋愛要素のところに注目して本作の物語を追いかければそういうこともあまり気にならないでしょうし、それだけでも十分以上に楽しめるであろう作品だったと思います。
作画面で言わせていただくとすれば、CDキャラは、やはりどこか違和感の残るところがあったのが、残念です。
一方で、物語の内容を考えれば、CGであることに意味がないと言えなくもないのですが。
そこについて自覚的に作られた作品なのかどうか、それは分からないのですが、もし自覚的であるのだとすれば、一部に手書きアニメーソンのところを挿入するという演出手法もあり得たなと個人的には思ったりもします。
が、それを承知の上で、敢えてすべてをCGで描いた、とするならば、実はラストシーンには、更にもう1つ仕掛けがあることになりますけれど、さすがにこれは、ちょっと考えすぎ、かな?

俳優を採用した声の演技は……まぁ、敢えてコメントしないことにします。

横の方の席に座っていた小学生と中学生くらいの男兄弟が上映中、ずっとボソボソと話をしていて五月蠅く、非常にムカついたということを除けば、いい映画でした。
Blu-ray を買ってもいいくらいです。


公式サイトは こちら から


タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2130-971d893d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫