11月7日 at 吉祥寺スターパインズカフェ

 2008-11-08
吉祥寺のライブハウス、スターパインズカフェで、ソウル・フラワー・アコースティック・パルチザンのライブに参加してきました。
これは、この日のエントリーに採り上げたバンド、ソウル・フラワー・ユニオンのフロントマンである中川敬が、同バンドのキーボードの奥野真哉と、シンガーソングライターにしてローリング・ピアノマンと称されるリクオの3人で構成されるユニットなのですが、非常にグルーヴィーでファンキーで、とてもいいライブでした。
中川敬の放射する強烈な存在感は常に凄いのですが、今回、特に私の目を惹いて離さなかったのが、このステージで初めてそのパフォーマンスを目にした、リクオです。
以前、コンピレーションアルバムで彼の楽曲を聴いたことはありましたが、生で観て聴くのと、スタジオ録音されミキシングを施された音源をCDで聴くのとでは、もちろん大違い。
まさか、あそこまで切れの良い弾けた演奏をするプレイヤーだったとは。
グランドピアノの鍵盤の上を所狭しと跳ね回る十本の指。叩き出されるのはニューオリンズでブルースでロックでジャズな、つまり相当に私好みのフレーズの嵐。
ちょっと飄々としたところのあるヴォーカルも味があって、実に良い。
リクオのピアノと奥野真哉のオルガンとのソロ交換なんて、もう、極上かつ圧巻で、聴いていてビリビリと痺れてしまいました。
ソウル・フラワー・ユニオンの曲のアコースティク・パルチザン版では中川敬のヴォーカルと奥野真哉のオルガンに酔いしれ、更にリクオのオリジナル曲ではパワフルなピアノ演奏を堪能する。
どちらの曲であっても作曲者の色がそれぞれ強く主張されているのですが、だからといって、中川敬と奥野真哉がリクオの曲を演奏しコーラスを付けている時にも、またその逆のパターンでも、相手の曲に飲み込まれてしまったり、あるいは相手を一方的に喰ってしまったりすることなく、それぞれの個性が相乗的に互いを高めあっていて、客席も一体となって、腹の底から音楽を楽しんだ2時間となりました。
まさしく、一粒で二度も三度も美味しいライブとは、このことでしょう。

あんまり良かったものですから、ライブ終了後の物販コーナーで、そこに置いてあったリクオのCDを全種類買ってしまいました。
その後のサイン会にももちろん参加。
中川さん、奥野さん、その切は、ソウル・フラワーのCDを買わなかったにもかかわらず、快くサインを引き受けていただき、ありがとうございます。
また、リクオさんには、当日購入した4枚のアルバム全部にサインをしていただき、本当にありがとうございました。11月30日の渋谷B.Y.Gでのライブ、是非、行かせていただきます。

このトリオでのライブアルバムが発売とでもいうことになれば、もの凄く嬉しいのですが……。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/212-7870d788

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫