FC2ブログ

NOKKO 「イ・ノ・チ」

 2019-08-28
以前にも書いたことが何回かあるかもしれないのですが、私はかなり長い間、NOKKOの歌声が苦手でした。
上手いか上手くないかでいえば上手いんだろうなとは思っていて、つまりヴォーカリストとしての彼女の才能は非常に高いものがあると分かっていつつも、彼女の歌唱スタイルが今一つ好きになれないというか、素直に受け入れがたいものを感じていたのです。
だから、REBACCA の音源は集めようと思いませんでした。

これは別に、REBECCA の楽曲が嫌いだったということではありません。
むしろ、「フレンズ」を始めとする REECCA のヒット曲の数々は私の音楽的な好みからすれば、むしろ気に入ってしかるべきなものであったのですけれど、いかんせん、それでも、NOKKO の歌声があまりに苦手だったのです。

それが一変したのは、REBECCA が解散し、NOKKO がソロでの活動を始めてからで、さらに具体的にいうのならば、ソロ2枚目のアルバム 『colored』 に収録されている「人魚」という曲を聴いたことがきっかけでした。
この曲は彼女のソロ楽曲の中でもかなり有名どころであり、聴いたことがあるという人もいらっしゃるかと思います。
私が最初にどこで聴いたのかは覚えていないのですけれども、同じように気に入った姉が同曲の収録されているアルバムを買ってきたので、それをダビングさせてもらって繰り返し聴きんでいるうちに、いつの間にやら、NOKKO のヴォーカルスタイルに対する苦手意識はきれいさっぱり消えていたのです。

そうして苦手感がなくなってみると、逆に NOKKO のエモーショナルな歌い方が、まるで麻薬か何かのように離れがたくなってきたりもするのですから、人の気持ちというのは、良くも悪くもフレキシブルなものです。
もちろん、絶対的に譲れない、というものは誰しも持っているでしょうし、そこは例え何があっても一生涯変わることがないかもしれませんけれども、少なくとも私にとって NOKKO の歌声というのは、そこまで徹底的、生理的に拒否するようなものではなかったということですね。
むしろ今では日本の優れた女性ヴォーカリストの名前を挙げろと言われた時に、間違いなく彼女の名前は候補に入れるだろうと断言できます。
そしてアルバム 『coored』 は日本のロック史に残る名盤だ、とも。

そんな 『colored』 から、最後に1曲紹介します。
上記の、私が NOKKO を聴くようになったきっかけの「人魚」ではなく、その1曲前に収録されている「イ・ノ・チ」という曲です。
福岡ユタカのバックコーラスも印象的な曲で、NOKKO のヴォーカルも非常に素晴らしく、彼女のソロでの代表曲と言ってもいいのではないかと個人的には思っている名曲になります。

是非、聴いてみてください。





タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2111-9fe47ce1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫