FC2ブログ

ルルティア 「トロイメライ」 他

 2019-06-26
ルルティアの音楽に私が初めて触れたのは、たしかTVアニメ 『ポポロクロイス』 を視聴してOPの「トロイメライ」を聴いた時だったと思います。
ちょっと儚い感じのあるウィスパーボイスで、歌詞はともかくとして、楽曲の雰囲気としては作品世界に合った楽曲が歌われていて、すぐに気に入りました。
そこで、シングルを買い、さらにアルバムにも手を出してみるという、定番な流れで彼女の音源を次々と聴き始めてみたのです。

当時の話になりますが、基本的に、ウィスパーボイスで歌うようなスタイルは、私の好みのド真ん中からは外れていました。
それでも音源を揃えよう、揃えなくてはならないというような気になったのは、それだけ、ルルティアの楽曲のクオリティーが高かったからだと言うことができます。
まず言えるのは、メロディーラインが美しいこと。
そして、アレンジが何気に攻めの姿勢を貫いていたりして、ツボにはまった楽曲が多いこと。
肌にヒリつくような歌詞がいいこと(ヤンデレ路線だと言われてしまうかもしれませんけれど、繊細で、触れたら壊れそうな危ういところがあるのが、楽曲のスタイルにも合っていて、良い感じなのです)。
そんなところが、私がルルティアで気に入っているところになるでしょうか。

それでは、まず、『ポポロクロイス』絡みの楽曲を2つ。
ルルティアの中では毒の少ない部類の楽曲になると思いますので、入り口としては最適化と思います。





続いて、攻めの姿勢が出ている楽曲も2つ紹介します。
私が彼女の音楽に本格的にハマることになったのは、これらを聴いてからということになります。
好みの割れるようなところもあるかもしれませんけれど、それくらいに尖っていなければ、数多のミュージシャンの中で個性を出すことはできないでしょうからね。
ただ、それだけ尖って一般的なウケる楽曲から離れたが故に、メジャーとの契約が続かなかったというのも、あるのかな……
それが彼女の音楽性だから、仕方がないですけど……
本当は、こういうのが広くウケるような日本ミュージックシーンであれば、個人的には凄くうれしいなと思います。
これは、ルルティアだけでなく、他にも多くのミュージシャンについて、常々感じていることではあるのですが。





今回のエントリーを読んでルルティアに興味を感じていただけたなら、嬉しいです。
今からだと入手し辛いアルバムも多いのは難点ですけれど。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2085-3f02a119

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫