2008年秋開始番組 感想第2弾

 2008-10-23
第1話というにはちょっとタイミングを逃しましたが、前回書かなかった作品について、序盤の感想など。

「喰霊 -零-」
主人公と目されるキャラクターが次々と殺されていくというショッキングな第1~2話でしたが、第3話は打って変わって過去話でしたね。
このまま神楽と黄泉との過去を語りつつ、次第に第1話に近づいていくのか、それとも過去の回想は2,3話で済ませて再びあの殺戮の続きが語られるのか。
個人的には後者の展開をしてくれた方が好みなのですが、その場合、この物語の本当の主人公は誰なのか、というところが問題になってきそう。
やはり、黄泉なのでしょうか。

「魍魎の匣」
原作シリーズは一切未読です。
第1話は少女小説的に耽美過ぎてちょっとクラクラきてしまい、これはついていけないかもしれないと思いかけましたが、第2話以降は、それもまたアクセントとして、比較的楽しんで観ています。
この耽美路線に好き嫌いはあるでしょうが、雰囲気作りに成功しているという点では、これはまぁアリなのかな、と思ったわけですね。
肝心の京極堂がまだ出てきていないのですが、真打は後から満を持して登場するのでしょう、きっと。
ただし、主題歌は作品に合っていないと思います。ファンには申し訳ないのですが。

「タイタニア」
何しろこれは華麗かつダイナミックなスペースオペラなのですから、その意味で演出に若干の不満は感じないではありませんけれども、まずまずの出だし。
完結していない原作を消化しきってしまうのも、そんなに遠く無いはずで、そこから先をどのようにオリジナルに展開させるつもりか、そこが最大の楽しみです。
5人のタイタニアとファン・ヒューリックのキャラクターが、デザインと声優と、原作から私のイメージしていたところとかなり近いので、そこは高評価。

「ミチコとハッチン」
うーん、真木ようこ にしろ 大後寿々花 にしろ、声優が本職ではないから、どうしても今ひとつしっくりこないところがあります。
しかし、作品の世界観は、いいですね。
舞台はブラジル、ですか。風景、色彩、空気、BGM、全てがぴったりと上手くハマっていて、こりゃあいいな、と思ったら、音楽プロデューサーは渡辺信一郎ということで、どおりで、と納得。

タグ :
コメント
『喰霊-零-』第1話は、完全に噛ませ犬だったようです。第3話で、公式サイトがごっそり変わって特戦4課はコンテンツの一部化され、黄泉が主人公扱いになっていました。あそこまで凝った騙され方をしたのは、初めてかもしれませんが、確かに、第3話が初回だったら継続視聴はしてなかったかなあ、とも思います。せっかくあそこまで作りこんだので、いずれ特戦4課のスピンオフを作ってもらいたいです。

『魍魎の匣』第1話にはちょっと引きかけましたが、その後は耽美で怪しげな雰囲気に思わず見入っています。なので、主題歌は、本当に残念ですよね。本編であれだけ雰囲気を作っているのに…。この放送枠は、『デスノート』以来ずっとナイトメアが主題歌を担当しているので、何か大人の事情があるのかもしれません。

『タイタニア』の5人とヒューリックは、たっぷさんのイメージに近いんですね?!私は原作未読なので、ヒューリックがルックスの割りに軽い口調だったのが意外で、速攻でファンになってしまいました(笑)。結構楽しめそうです。

『ミチコとハッチン』は、諦めました(苦笑)。『屍姫』もそうですが、主要キャストに声優以外を使うのは、話題集めとか、視聴率を意識するとか、何か大人の事情なんでしょうか。プロの声優でない場合、「しゃべり方」がものすごく気になって、内容に集中できないことがしばしばです。
【2008/10/26 00:03】 | ゆぅべ #PvuSrscg | [edit]
『喰霊 -零-』は、しかしそうなると、あの第1話は何だったんだ、ということに。
視聴者をひっかけるにしても、特戦4課をああいう形で出した以上は、ちゃんとそこにフォローをしてくれないと、なんだか納得ができません。
そこがどうなるのか分かるまでは視聴を続けないとと思ってしまっている時点で、上手くしてやられている気がしないでもありませんが。

『ミチコとハッチン』は、第1話の作りが非常に渇いていて、ロードムービーをやろうとしているのかなという印象があり、プロでは無い演技も演出の一環として受け入れられなくもない感じでした。
今後、ドタバタ道中記になるのかアメリカン・ニューシネマ路線を目指すのか、前者の場合、この演技のクオリティでは、ちょっと厳しいかな……。
【2008/10/26 21:06】 | たっぷ #7aaudPik | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/207-f48957a0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫