FC2ブログ

2019春シーズン 新番組 雑感 その2

 2019-04-24
今期に放送が開始されたアニメの簡単な感想、、その第2弾を書かせていただきます。

1) キャロル&チューズデイ

シンディー・ローパーなんてセリフがいきなり出てくるので何事かと思いましたが、つまり監督であるナベシンの趣味なんでしょうね。
第1話のサブタイトルも、「True Colors」でしたし。
舞台が火星で、キャロルのペット兼目覚ましの名前が「ジギー」というところも(さすがに蜘蛛ではありませんでしたね)、ナベシンらしいといえば、ナベシンらしい。
物語としては、少女2人が音楽を通じて成長し成功を手にしていくものになるのでしょうか。
そのまま素直にビッグになっていく過程を描いて終わりなのか、それともそこに何らかの一ひねりを加えてくるのか、それを追うのも楽しそうです。
窪之内英策のキャラデザインもいいですね。

2) さらざんまい

いつも通りの幾原邦彦ですね。
いつも通り過ぎて、却って心配になってきてしまうくらいの幾原節で、それは言ってしまえばマンネリ、ワンパターンだということでもあります。
おそらく幾原監督はそれを承知で敢えてやっているのではないかと思うのですけれども、濃厚な作家性というものがマイナス要素と捉えられかねなくなってる昨今に、ここまで強烈にそれを押し出してくるというのも、ある意味で大胆だなぁと思います。
私も含めこういうものが大好物なマニアには支持されることとなるでしょうけれども、現在のライトなアニメファンにはどう評価されるかな……
何気に色々と視聴者サービスもしていますし、ついてこれる奴だけついてこい的な独善性は感じられないものの、分かりやすい話では、絶対にありませんし。
キャラデザイン辺りはポップなのですが、内容は実は結構ディープでシリアス&ハードですしね、これ。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2060-2f17630d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫