FC2ブログ

ジルベール!?

 2019-04-16
14日に開催された、北のクラシックの最後を飾るパリ~ルーベ、通称「北の地獄」の2019年大会の録画をようやく観ることができました。

今大会は明確な優勝最有力候補がいないと言われていつつも、優勝するに値する実力を有する選手やチームがひしめいていて、誰が勝つのか様々な意見が割れる状況。
そんな中、チーム力と駒の多さで言えば何といってもここが一番ということができるのが、今年も既にチームとして大量の勝利を挙げているドゥクーニンク・クイックステップ。
今回もゼネク・スティバール、イヴ・ランパールト、フィリップ・ジルベールと、優勝を狙える選手を3名出走させて展開次第で誰でも行ける体制を作り、終始自分達に有利な形になるように計算されたレース運びを見せていました。
もちろん、それだけで勝てるならば、誰も苦労はしないわけですが……

終盤の展開は、集団から抜け出すことに成功して5人に絞られた優勝候補の中に2人を送り込むことに成功したクイックステップと、昨年覇者であるボーラ・ハンスグローエのピーター・サガン他の勝負となったのですが、最後の最後にサガンとEFエデュケーションファーストのセップ・ファンマルクが、ハンガー・ノックで失速をしてしまいます。
最終的に、ルーベの競技場で、カチューシャ・アルペシンの若手選手ニルス・ポリッツとの駆け合い勝負を見事に制したクイックステップのジルベールが36歳にして見事に初優勝を獲得しました。

ベテランがこうして活躍する姿を観れるのは非常に嬉しいですし、それを抜きにしても全体的に非常に面白いレースだったと思います。
ジルベールは、これで5つのモニュメントの内の4つで優勝。
モニュメント全制覇まで、あとは、ミラノ~サンレモを残すのみです。
来年が楽しみになってきました。


公式サイトはこちらから
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2059-d277a93a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫