FC2ブログ

2019春シーズン 新番組 雑感

 2019-04-18
ちょっと遅くなりましたが、今月になって放送が始まった2019年春ク-ルの新番組について、番組改編期にはいつもそうしているように、私が視聴をしたものの簡単な感想を、市長をした順に掲載していきたいと思います。

1) フルーツバスケット

現在放送中の「どろろ」しかり、前クールの「ブギーポップは笑わない」しかり、かつて一度アニメになっている原作を再アニメ化することに関して、流行りのようなものがあったりするのでしょうか……
それは原作になる様なものが枯渇しているということを意味するわけでは、さすがに無いと思います。あるいは、かつてのアニメを観ていた世代が、企画を通せるところの立場まで出世してきていて、今度は自分の手でアニメ化してみたいという意志を持ったということなのでしょうか。
この「フルーツバスケット」に関して言えば、物語の中途で終わってしまっている旧アニメに対し、今回は最後まできっちりとアニメ化しようという狙いもあるのかもしれません。そう考えれば、このタイミングでの再アニメ化も、分からなくもないかな。
とりあえず今のところは丁寧に作っていますし、今後に期待できそうです。

2) 消滅都市

うーん……
題材的にはなかなか魅力的だとも言えるのですが、展開に説得力が無さすぎだったような気がしないでもありません。
かなり疲れまくっている状態だったという私の側の問題から、今一つ身が入らずに試聴していたので、きちんと物語を受けられなかったという可能性も無くはないのですけれども、でも、第1話の物語が少しばかり独りよがりなものであったのは否定できないかも。
細かいところは第2話以降で説明していく、というスタイルは嫌いではないけれども、本作の第1話については、もうちょっと上手い見せ方はなかったかなと思いました。
とはいえ、基本的にこういう話は嫌いでは無いから、しばらくは視聴を続けていくつもり。

3) Fairy gone

これは、雰囲気があっていいですね!
P.A.WORKSの作品ということで作画は安定して綺麗でしたし、物語も、なかなか思わせぶりで面白くなっていきそうです。
どこまでドロドロさせるのか、あるいはアクションの方に重きを置いていくのか、意外と人間ドラマになって行くのか、現段階では色々なパターンが考えられますけれども、さて、どうなっていくのでしょうか。
シビアにしていこうと思えばいくらでもシビアにできそうですし、コメディータッチな要素を入れようと思えば入れられなくもなさそうですし、恋愛モノやバディーものにだってできるでしょう。
第1話はかなりいい感じだったので、物語を破綻させること無く、その辺りも上手いバランスを取って、良い作品になってくれることを願います。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2056-3e524fec

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫