FC2ブログ

「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」

 2019-02-10
公開が始まったばかりの『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』を、作品の舞台である新宿歌舞伎町、TOHOシネマズ新宿で観てきました。
この時期に『シティーハンター』の新作映画が公開されることとなったのは、TVアニメ化30周年記念という意図もあるらしいです。
今の時代なりのアレンジということで、昔とちょっとテイストが異なってきたりしたら嫌だなという心配が強くて、実際に上映が始まるまでは、かなりビクビクしていたのですが……

作品が始まって早々にすぐに思いました。
これは、むしろ、平成も終わろうかという時期になって、最初のテレビシリーズの時代そのままのテイストで作られた、本当の意味での完全新作です。
キャストも、一部の止むを得ない事情のあるものを除けば、オリジナルのままであり、それが非常に嬉しいところ。
30年も経っているのですから、どうしたって声も多少は老けてくるのは、これは仕方がないでしょう。

むしろ、今の眼で見てしまうと色々と演出面などで古臭くささが気になるところも出てきてしまっているのですが、しかし、それがあってこその『シティーハンター』。
これは、制作側もそのように考えているからこそ、そういう画を作っているのでしょうし、その判断は間違っていないと思います。
まぁ、今の若いアニメファンが本作を観てどう思うかというのは、ちょっと聞いてみたいところではありますが。

肝心の内容ですが、ネタバレは避けるとして、とにもかくにも私が言えるのは1つ。
あらゆるところが、あの頃のまま、延長線上にあります。
なので、当時にTVシリーズを毎週楽しみにしていたような人であれば、この映画は絶対に観るべきです。
これはもうネタバレにはならないだろうと思うからここにも書いてしまいますが、来生3姉妹も出てきますしね!

で、映画館に行こうと思う人は、可能であるならば、私がそうしたように物語の舞台でもある新宿の、それもできれば TOHOシネマズ新宿 の方で鑑賞するというのがベスト。
臨場感が違います。

TVシリーズのOPやEDを飾った数々の名曲がBGMとして使われているのは嬉しかったのですが、客観的に考えるとこのシーンにこの曲はちょっと違うんじゃないかと思えるところもあったのは、ちょっとアレですが……


公式サイトは こちら から

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2030-064015e6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫