FC2ブログ

年越しは、やはりコレですよね

 2018-12-31
平成最後の大晦日ですね。

我が家はそうでもないよという人もいるのでしょうが、やはり年末最後の夜は、蕎麦ですよね。
一言で蕎麦といっても、その配合割合がどうなのかということや、一緒に練り込むものが何かで色々と違ってきます。

メディアに取り上げられるかとか、若い層に受けているかという問題もあるので、ご当地ラーメン程に有名ではないかもしれませんが、ご当地蕎麦というのも存在します。
「蕎麦通」という言葉があるように、昔から蕎麦マニアは一定数いらっしゃいますけれども、さすがにラーメン人気には勝てませんからね。

そんなこんなで、今年最後の「別館」は、新潟県魚沼市地方が発祥という、へぎ蕎麦 の写真で締めくくりたいと思います。
つなぎに布海苔を使っていることで、独特の食感、のど越しがあり、それが苦手という人もいらっしゃいますが、私は好きです。
「へぎ蕎麦」の「へぎ」は「片木」であり、下の写真で蕎麦が盛り付けられている木の器のことを指します。
これに、写真のように1口くらいの量に分けて盛り付けるものが「へぎ蕎麦」です。

片木には普通、4人前くらい以上を盛り付けて供されるので、1人前で へぎ蕎麦 を出してくれる店は、なかなかありません。
なので、へぎ蕎麦 を味わいたいなと思っても、私一人でということにあると難しかったりするのですが……

水道橋にある杉乃屋という店は、1人前でも、写真のような へぎ蕎麦 を出してくれるということから、結構ありがたい店です。
来年の春先には、水道橋に行くことも、そうそう無くなってしまいそうなのが残念なのですが、何らかの機会を作って食べに行きたいなと思っています。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/2011-444a30bf

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫