新番組第1話感想

 2008-10-07
10月開始の新番組の内、私が観てみたものの雑感です。
もう幾つか、第1話を観てみるかと思っている作品もありますが、とりあえず、以下の4作品について。

「ヒャッコ!」
校内で迷子になって教室に辿り着く、というシチュエーションだけで1話を作りきっていましたね。
原作の第1話を引き伸ばした形でしたが、メインの4人のキャラクター紹介として上手く機能していたのではないでしょうか。
今期の新作の中では唯一原作を読んでいる本作ですが、あのとぼけた空気感がアニメでどれくらい再現できるかで、今後も視聴するかどうかが決まっていくと思います。

「鉄のラインバレル」
巨大ロボットの重量感が感じられる演出が良かったです。
主人公が自意識の肥大したローティーンというのがいい感じで、「ファクター」という、どうやらパイロットを生体認識か何かで特定個人に固定するという設定があるようなので現実にはありえないわけですが、いつか「僕が一番ラインバレルを使えるんだ」と言い出してくれそうなくらいの勢いなのが、結構ツボ。
その調子で、次回は是非、自分をパシリに使っている3人組をラインバレルで脅して復讐してほしいものです。カミーユ・ビダンのように。面白そうな予感はするので、引き続き視聴する予定。

「屍姫 赫」
うーん、1話を観ただけでは、まだ何とも判断できない感じですね。とりあえずもう数話を観てみようかと。
それにしても声の演技がまるで下手くそなのはどういうことだと思って公HPを見てみたところ、「屍姫」星村眞姫那の声をあてている秋山奈々も、主人公である花神旺里の声をあてている羽染達也も、共に声優としてプロではないのですね。
ちょっとダークな雰囲気の作品にそれがプラスに働くかどうかは、まだ分かりませんけれども、あのぎこちなさだけは早めに取れてくれることを願います。観ていてどこか落ち着かないので。

「キャシャーン Sins」
OPの映像で仮面をはずしたキャシャーンを観て、一瞬、荒木伸吾かと思いましたが、そうではなくて、キャラクターデザインは馬越嘉彦ですか。
馬越嘉彦といえば、いろいろと参加作品はあれど、私にとっては「十兵衛ちゃん2 ~シベリア柳生の逆襲~」が印象に強いです。
監督が違うので一概に言えませんが、これは、アクションシーンの作画には期待していいんですよ、ね?
それに、山内重保監督といえば、「聖闘士星矢 真紅の少年伝説」。あのキレの良い(というかぶち切れているというか)演出が炸裂すれば、これは観るものの多い作品になるかも。
こういうリメイク路線は基本的に好きではないので、当初は観ないで済まそうかと思っていましたが、これは、もうちょっと追いかけてみないと、駄目かな。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/200-6ba64968

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫