FC2ブログ

「若おかみは小学生!」

 2018-10-25
『茄子 アンダルシアの風』 と 『茄子 スーツケースの渡り鳥』 の高坂希太郎監督の作品だからということで、かなり興味を惹かれつつも、キャラクターデザインと基本的ストーリーラインを見てどうしようかなと迷っていたのが、映画 『若おかみは小学生!』 です。
で、そのまま公開が終わってしまうかなぁと思っていたところに、公開後の評判が中々いいという噂が流れてきて……
ならば、これは方針を転換して劇場まで観に行かなければならないかなということで、早速、仕事帰りに映画館に立ち寄ってきました。

高坂監督は90分の枠内に収めるということを絶対的な命題として与えられていたそうで、結構な苦労をしたのではないかということが察せられる仕上がりではありましたが、それでも大きな破綻や無茶がなくまとまっていたのは、さすがと言っていいと思います。
とはいえ、ここはもうちょっと丁寧に描いてくれた方がいいのになとか、説明がいかにも足りていないな、という部分が無かったわけではないのが、惜しいところ。
その辺りは、(未試聴ですが)TVシリーズの方を見ていればいい、ということなのかもしれません。
ただ、TVと映画では監督も違いますし、そもそも、同じ原作を別個にアニメ化したという扱いであって、両作品に繋がりはないようですけれど。

ちなみに、子供向けかと思ったら想像していた以上に感動的だった、というのが本作に対する世間様の反応のようです。
その点には特に反論するようなことは無いかなという感じですが、とかく斜に構えがちな私も素直に面白かったなぁと言えるような作品だったので、これがジワジワと評判を高めていって、一旦公開が終わった劇場でも再上映を始めたりしているというのは、なる程、納得できますね。

物語的には、もう1時間くらいあればという気もしますが、その反面、よくこのサイズにまとめたなという点で唸る作品でもあり、まぁ、その辺をどう受け止めるかは、観る人それぞれの感覚、感性の問題でありましょう。


公式サイトは こちら から

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1987-3dbe5355

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫