FC2ブログ

デゲンコルブとパワー

 2018-10-21
私の好きな自転車ロードレースの本場はヨーロッパと言われています。
しかしながらそれはヨーロッパだけでレースが行われていることを意味しているわけでは、もちろんありません。
ですので、日本でも相当数のレースが開催されています。
その中でも特に規模でも格でも大きなレースが、毎年宇都宮で行われるジャパンカップです。

土曜日には、宇都宮の中心にある目抜き通りを使って行われるクリテリウム。
そして日曜日には、宇都宮森林公園の周囲でロードレースが行われるというこの大会。

今年は両日とも素晴らしい晴天となり、また参加チーム数が増加するとともにチームごとの出走選手数も増えて、大勢の観客が沿道で応援する中、大々的にかつ大盛況に行われました。

そんなジャパンカップクリテリウムを制したのは、トレック・セガフレードのジョン・デゲンコルブ。
2016年1月にトレーニング中の事故にあってから色々と苦労をしている彼ではありますけれど、やはりスプリンターとしては一流の選手。
他を圧倒するスプリント力を見せてくれました。

ロードレースを制することになったのは、ミッチェルトン・スコットのロバート・パワー。
一昨年に第3位に入ったのがフロックではなく、確かな実力を持っているのだということを証明してみせた勝利ということができるでしょう。



公式サイトはこちらから

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1986-61822398

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫