FC2ブログ

「猫河原家の人びと 一家全員、名探偵」

 2018-10-13
今回は、青柳碧人の『猫河原家の人びと 一家全員、名探偵』を紹介します。

……といいながら、いきなり枝道に逸れた話から入りますが、それにしても青柳碧人、なかなかいいペースで新刊を出していますね。
もちろん、筆が速いというのは職業作家としてはとても大事な素質です。
その著作を追いかけているこちら側としては、1冊を買って読んだと思ったら次の新刊が出てくるというペースで、息つく間も無いくらいだったりもするのです。
何しろ青柳作品以外も色々と読んでいるので、気が付けば未読作品がたまってしまっている状態。
そんな中で、比較的最近に発売されたのが、今回紹介する『猫河原家の人びと 一家全員、名探偵』。
刊行順に読んでいっているわけでは無いので、これより前に発売されていながらも、まだ読んでいない作品もありますが、まぁ、興味の出たものから読んでいくというスタイルを採用している以上、そこはそういうものですよね。

さて、前置きはそれくらいにして、そろそろ感想の方を書きましょう。
本作は、警察官の父親を筆頭にして謎と事件が三度の飯よりも好きという困った一家に生まれ育った次女が、そんな家族に反発しながら、何のかんのと事件を解決することになってしまうというユーモアミステリー……
なのですが、扱っているのが日常の謎系の事件ではなくて、普通に殺人が起きている刑事事件なので、これを単なるユーモアミステリーと言ってしまうのは不謹慎だという人もいらっしゃるかもしれませんね。
事件好き、推理好きがてんでに好き勝手に自分の推理をぶちかますという構図は、中井英夫の傑作『虚無への供物』を思い出させますが、こちらはあそこまでメーターが振り切れておらず、ある程度常識的な範囲での推理合戦なので、そこの点での読み応えというか、面白さ的なものはあまりありません。
それと、家族それぞれのキャラ付けも今一つ弱いかな。どうせカリカチュアライズするのであれば、もっと、やり過ぎなくらいまでやってしまっても良かったのではないかと思います。
そういう点で、ちょっと物足りなさが残る作品でした。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1980-010f3ce0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫