FC2ブログ

ブエルタ2018 途中報告 2

 2018-09-10
2018年のブエルタ・ア・エスパーニャは、いよいよ最終週を迎えるところまできました。
ある意味で非常に手堅いというか、総合首位チームが隙のない動きをしてくるジロやツールに比べると、各チームがそれぞれにそれぞれの動きを見せて活発な展開が繰り広げられるのがブエルタですよね。

今年も、第1週の段階で既にその傾向が現れていましたけれど、第2週は、それに輪をかけて激しい展開が繰り広げられました。
もちろん、それはコース自体が、序盤のそれに比べ、総合争いの重要な舞台となる様な形、難易度であるものとなってきているからということもありますが、それだけでなく、今大会で総合を戦える力のある選手、そこまででもない選手の区分がはっきりしてきたり、ステージを狙う選手たちの動きがあったり、そういうことが更に表面化してきたこともあるでしょう。

いずれにせよ、最終週の勝負において総合首位を始めとする各章を争うことになるのがどの選手か、だれが何を狙っていてどういうコンディションでどういう位置づけにいるのか、ということが、明確になっています。
その為、これからの残りのステージで彼らがどういう走りを見せるのか、勝負がどのようなことになっていくのか、それが大いに楽しみになっているということに、間違いはありません。

個人的な予想……というか希望としては、総合首位はナイロ・キンタナの復活優勝か、さもなくばアレハンドロ・バルベルデのベテラン優勝を、山岳賞はマテ・マルドネスがコンディションを戻して何とか確保することを、ポイント章はアレハンドロ・バルベルデがきっちりと獲得することを、それぞれ期待したいと思っています。

わくわくしてきますよね。


公式サイトはこちらから
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1969-8a6ee62c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫