FC2ブログ

Echo and The Bunnymen 「The Killing Moon」他

 2018-09-12
こういうのが好きだと私がしばしば言及している、「ヨーロッパ的な陰影の強いサウンド」。
当然、ヨーロッパのミュージシャン、バンドには、そういう音楽をやっている人も多いわけですけれども、人によっては「暗いだけ
」とか「単調だ」と受け止められるかもしれないそれの、典型例とも言えるかもしれない名曲を、今回は紹介したいと思います。

“エコバニ” こと Echo and The Bunnymen の 「The Killing Moon」です。
彼等の4枚目のアルバム 『Ocean Rain』 に収録されている、代表曲の1つですね。

結構有名な曲とはいえ、こちらのジャンルに興味が無ければ接点は一切ないとも思いますし、まずは聞いてみてください。





ジャケットからして、陰が濃いのが一見して分かるかと思いますが、実際の楽曲も、なかなかにクルものがあると感じていただければ、ここに紹介する私としては嬉しいのですが、いかがでしょう。

この時期の代表曲でいうと、3rdアルバムの 『PORCUPINE』 に 「THE CUTTER」 という曲があって、こちらは 「The Killing Moon」 に比べるとアップテンポでポップなものとなっています。
そちらも、貼ってみましょう。





何となく、「なる程、あなたはこういう音楽が好きなんですね」ということが伝わったでしょうか。
正確には、こういう音楽「も」好きなわけですけれど……

この手の音楽って、非常に尖っていてエキセントリックさがあるとか、特異な音作りをしていて一般性が無いとか、そういうのとは別の次元で、好みの大きく割れるところかなと思っています。
あるいは、自分の外側の世界に向けて自身のことを主張しアピールする為に発信している音楽というより、非常に内省的で己の内側を向いているような音楽と言ってもいいのかもしれません。

なので、個人的にはズップリと浸れるくらい好きな曲なのですけれども、実際問題、皆さんの耳にどう聴こえるかは、分からないというのが、私の本音です。

なお、そんな彼等も、一時の解散を経て再結成後にリリースしたアルバムでは、こんな曲もやったりしています。
こちらは、かなり一般性もあるかな?




タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1963-7d55d198

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫