FC2ブログ

東京五輪の自転車ロードレース

 2018-08-29
ブエルタ・ア・エスパーニャも中盤を迎え、まだまだ大きなレースも残っているものの、2018年の自転車ロードレースシーズンも徐々に終わりが見え始めてきていますが……

東京オリンピックまで2年を切り、8月開催ということで、今年の猛暑、湿度の高さを考えると、そんな中での競技がどのようになってしまうか、大いに心配もされるところです。
とはいえ、東京でこれほど大きなロードレースが行われることなど無いので、本番が大いに楽しみなことは間違いありません。

そのオリンピックのコースは、皇居をスタート地点とゴール地点にして都内を走るというコースが検討されたこともありましたが……
国際自転車連盟(UCI)がもっと難度が高くて集団スプリントにはならなそうなコースを望み、そこから検討に検討が重ねられた結果、調布にある武蔵野の森公園をスタートして西に向かって行き、道志道から山中湖に抜け、御殿場の富士山スカイラインを通って最後は富士スピードウェイでゴールするものに。
男子のコース全長は234キロメートルもあり、獲得標高は4,865メートルだそうです。

道志道の緑、山中湖に移り込む富士山。
景色も綺麗ですし、天気に恵まれたら、絶景の美しさを堪能できることでしょう。
コースは御殿場に出て富士山麓で最高標高1,451メートルの山岳ポイントを超えたら、再び三国峠を登って再度山中湖に行き、そこからもう一度籠坂峠を下って富士スピードウェイに戻っていくのですが、とんでもなくキツイコースです。
女子のコースはさすがにこれよりは楽ですが、厳しいということではほとんど変わりがありません。
男女とも、ここで活躍してメダルを獲得できるとなると、クライマーか総合系の選手になることでしょう。
これは、スプリンターやパンチャーは、ちょっと無理です。

となると、2020年に東京にやってくるのがどの選手になるのか、ということの妄想が捗りだしてしまいます。
かなり気は早いのですけれど、こういうことを考えるのは、とても楽しい行為です。

東京、神奈川、山梨、静岡、の4都県を通り、何度も県境を越えるので、警備をする警察の管轄も色々と絡まるし、これはオリンピックだからこそできるコース設定だ、という意見をサイクリングタイムの記事で目にしましたが……
これだけ面白いコースなのだから、このままこれをオリンピック記念レースとして定着させて、毎年開催ということにはできないものでしょうか。
絶対、人気が出ると思うんですよね。


なお、女子のコースはこちらです
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1962-bd358961

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫