FC2ブログ

ともあれ、決勝トーナメント進出、おめでとう!

 2018-06-29
先程まで、サッカーワールドカップの日本対ポーランド戦を観ていました。

スタメンを大幅に入れ替えてくるということを最初にニュースで目にした時、「えっ、それで大丈夫なのか?」と疑問を覚えました。
グループリーグの突破を見据えて、まだ試合に出ていないメンバーにワールドカップのピッチを経験させようという意図があるものなのか。
あるいは、主力選手を休ませようという狙いか。
しかし、せっかく選手間の連携も上手く行っていて、攻撃や守備の形ができているというのに、そのメンバーを、しかもスタメンの半数以上を入れ替えるというのは、リスクが高すぎるのではないか、と。

私同様に中継放送をご覧になってた方は、私のこの懸念が実際のモノになってしまったかどうか、既にご存知でしょう。

そこまで酷いサッカーをやっていたとまでは言いません。
けれども、試合をいい状態で進められていたとまでは思えません。
結果論かもしれないですけれど、ケガを抱えている岡崎をスタメンにしたのは、さすがに避けておくべき、彼はあくまで最後に投入するスーパーサブの扱いにしておくべきだったのではないかと、そう感じました。

グループリーグで1勝1敗1分という成績は、決して悪いものではありませんし、決勝トーナメントに進出したこと自体は喜ばしいことです。
ポーランド戦のメンバーの選び方、失点の仕方は、釈然としないのですけれど……

最終的にセネガルとの差となったのが、イエローカードの枚数の少なさ、フェアプレーポイントだったというのは、ちょっと嬉しい話題ですが。
最終状況がああいう形、後ろでボールを回して時間を潰すという形になったのは、決勝トーナメント進出という至上命題を手にする為なので理解できますし、あれも正当な戦略だと考えているのですけれど、モヤモヤするものは、残ってしまいますよね、どうしても。
こういうのも、日本人的なメンタルと言えるのかもしれませんね。


タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1936-1f821807

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫