FC2ブログ

今季終了アニメ雑感

 2018-07-02
番組改編期になりましたので、今回もいつものように、この6月末かあ7月頭にかけて放送を終了した番組の感想を、簡単に書いていきたいと思います。

1) ヒナまつり

さすがに、誘拐とかビル爆破とか、敵対する組との抗争とか、その他、倫理的に少々アレなものは入れてこれなかったようですが……
総じて、非常に質の高い、原作に対するリスペクトや愛が感じられるアニメ化だったのではないでしょうか。
まぁ、正直、マオについてはここで出さなくてもいいのではないかと思うところが無きにしもあらずでしたが、これは監督がお気に入りのキャラだから、というところもあるとか、無いとか。直接ソースを確認したわけでは無いので、断定はできませんけれど。
これは、アレですよ。
このスタッフ、このレベルで、是非第2シーズンをやってほしいところです。

2) 弱虫ペダル GLORY LINE

2クールをかけて物語がほとんど進んでいない。
一言でいえばそういう作品ですけれども、ドラマが充実しているので、そこにそんなに不満は感じない、ともいえます。
ただ、作者も分かってやっていることなのは理解できるのですけれども、さすがにそれはルール違反過ぎるだろうとうような描写があちこちに見受けられるようになっているのは、何だかなぁと思わないでもありません。
その方が、ストーリーが盛り上がるというのは、確かにその通りなのですが。

3) ゴールデンカムイ

原作が非常に高い評価を得ていることが、よくわかるアニメ化でした。
まぁ、今の段階ではまだ原作を読んだわけでは無いので、今回のアニメがどこまで原作に忠実なのか、どういうところにアレンジが加えられているのか、いないのか、というようなことは分からないのですが。
こうなってくると、原作を買うか買わないかを検討しなければならず、それは、原作マンガの販促としてのアニメ化が成功していることを意味するわけですけれど、10月から第2シーズンが放送されるらしいですし、そちらを観てから原作購入をやるかどうかは判断してもいいのかもしれません。
うーん、どうしようかな。

4) ひそねとまそたん

面白かったです。
もしかしたら、今回のクールでは一番これが気に入ったかもしれません。
現在の主流からは思いっきり外れているような作画のテイストも良かったですし、話の内容も、かなり私のツボでした。
一部、2クールをかけてもっと丁寧に物語ってくれてもよかったという感想も見ましたが、私としては、これはこれくらいがちょうどいい、少し窮屈だったかもしれないけれど、1クールでまとめたのが正解だ、と思っています。
こういう作品が、定期的に制作されるようになってくれれば、日本のTVアニメ界も、まだまだ終わらずに済みそうです。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1933-4b11a176

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫