FC2ブログ

リッチー・ポートやキンタナも順調です

 2018-06-19
ツール・ド・フランスの前哨戦第2弾となるのが、スイスで9日間にわたって開催され、その規模と歴史から第4のグラン・ツールとも呼ばれることがあるツール・ド・スイスです。

今年のツールで総合優勝を狙っている選手が出場してくるというのは、先日に結果報告をしたクリテリウム・ドゥ・ドーフィネと一緒。
こちらの大会には、モヴィスターのナイロ・キンタナやBMCレーシングのリッチー・ポート等が出場。

今年のスイスは、連日の熱い戦いの末に、安定して強さを見せたリッチー・ポートが総合優勝をしました。
さすがに最終日が個人TTでは、17秒差の2位につけていたキンタナとはいえ、リッチー・ポートを逆転するのは難しかったようです。
キンタナは山岳系の選手で、体重も軽くてはそんなに得意としていませんからね……
それでも、キンタナも第7ステージの山頂ゴールで優勝する等、本番に向けて順調に仕上がっているようでした。
またポイント賞はボーラ・ハンスグローエのペテル・サガンが獲得。
こちらも、上手くコンディションを本番に合わせてきているのかな、という感じです。

リッチー・ポートは、スイスのような10日くらいまでのレースでは成績を出してきますけれども、3週間のグラン・ツールではそこまでではない、というイメージもあったりします。
ですが、もちろん人はいつまでも同じでいるわけではなく、そろそろグラン・ツールの総合優勝も獲得してみせたいと彼も思っているはず。

ドーフィネで好調だったライバル選手達や、ジロで勝利したクリス・フルームなどなど、ツールでどんな勝負が繰り広げられるか、半月後の開幕が待ち遠しいところです。


公式サイトはこちらから

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1931-6a68adae

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫