『mirror』

 2008-09-23
ブエルタ・ア・エスパーニャの最終結果については、本館の「日々雑記」にちょっと多めに書きましたので、今回は久し振りに所有CDの話題を。
前回、村下孝蔵と戸川純のBOXCDを紹介したのが7月11日のエントリーでしたから、かれこれ3ヵ月半振りくらいになるでしょうか。
今回のネタは、KinKi Kids の堂本光一が2006年に出したソロアルバム、『mirror』です。

もともとは、KinKi のシングルで幾つか聴きたい曲があったので、2枚のシングルスベストを手に入れてみたのがきっかけだったのですが、そこに収録されていた光一作の「愛のかたまり」がちょっといい感じの曲だったので、それでこのソロアルバムにも手を出してみたのです。

……いやぁ、正直、ナメてました。
ここまできっちりとしたものを作っているとは思っていなかったです。
甘く見ていて申し訳なかったです、堂本光一さん。

メロディーの質が、まず高い。
稀代の、とまでは言えませんけれども、堂本光一、なかなかのメロディーメーカーと言っていいのではないでしょうか。
ただし斬新さは、ありませんが。
また、さすがに自身がやっているのではありませんが、アレンジにもかなりのこだわりが感じられます。
セルフプロデュースということで、そうとうに力を入れて製作されたソロアルバムであることが窺えます。
ドラマティックな展開を見せる楽曲が特に好印象で、いや、これはかなりお薦めできるアルバムではないでしょうか。
先入観を捨てて手に入れてみて、大正解でした。

タグ :
コメント
はじめまして。こんばんは。
通りすがりの光一さんファンです。

私の中で、先入観を捨てて聴いてみて欲しいアルバム第1位だったので、うれしかったです^^
このアルバムを引っさげて行ったツアーのDVDもこれまた素敵なので、
機会があったら是非見てみてください☆
感想を一言で書くのは難しいですが、、魅せる、聴かせる、
まさに堂本光一ワールド全開です!
【2008/09/24 22:31】 | アッシュ #eHP7HEy2 | [edit]
アッシュさん、はじめまして。
そして、いらっしゃいませ。

この『mirror』、最初は本当に、もののついでというか、ジャニーズアイドルの余技だろうけれども一応チェックだけしておこうかな、という程度の気持ちで手を出してみたのです。
しかし、実際に聴いてみると、思っていたよりもはるかに真面目に音楽に向きあっていて、それは嬉しい誤算だったのでした。
このアルバムを一緒に作っていったメンバーのおかげというのも、もちろん否定できないところはありましょうが、それもこれも堂本光一さん本人が真剣にソロアルバム製作に取り組んだからでしょう。
ボーカルの押しが今ひとつ弱いのが残念ですが、しかし、アッシュさんもおっしゃる通り、彼の歌には「聴かせる」だけの力があって、世界観をしっかりと作っていると感じました。
私にとって、かなり拾い物だったアルバムです。
いや、本当、良いですねぇ、これ。
【2008/09/26 00:35】 | たっぷ #7aaudPik | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/193-4d50ff40

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫