FC2ブログ

「盤上の夜」

 2018-06-16
2014年に文庫化された宮内悠介の『盤上の夜』.。
第33回日本SF大賞受賞であり、各所で様々な人から非常に大きな評価を受けてきている作品です。
どんなものなのか実際に読んでみたいという興味もあり結構前に購入していたものの、何となく長らく放置されて積読状態になっていたのですが、この度、そこから掘り出して読了することとなりました。

なお、これだけ(約4年)ものスパンが開いてしまったのは、非常に地味な装丁に創元SF文庫ということで、がっつりとハードな物語が来ることを想像してちょっと構えてしまっていたから。
それでも、さすがにそろそろ読まなければいけないかなと思って頁をめくってみたという次第なのですが……。
いや、これは読みやすいですし、収録されている6つの連作短編の全てが刺激的かつ面白くて、素晴らしい作品だと言えるのではないでしょうか。
日本SF大賞を受賞しただけでなく直木賞の候補作にもなったというのも納得の内容ですし、これがデビュー作だというのですから、これは恐ろしい。

収録先は順に、囲碁を題材にした表題作「盤上の夜」、チェッカーを題材にした「人間の王」、麻雀を題材にした「清められた卓」、将棋やチェスの原型と言われている古代インドのボードゲームのチャトランガを題材にした「象を飛ばした王子」、将棋を題材にした「千年の虚空」、第1作の登場人物も再登場して再び囲碁を、そして1945年8月6日に広島で行われた本因坊戦を題材にした「原爆の局」。
5つ目の「千年の虚空」までは、それぞれが独立した短編としてしっかりと楽しめるものになっていて、かつ、全体を通すと1つの物語、1つのテーマが繋がっている感じで、それが「原爆の局」で一気に集約する。
非常に上手い構造だと思います。
で、詳しい内容とかテーマの紹介とかは……
この文庫版の巻末解説で冲方丁がじっくりと濃密に繰り広げていて、それを読むのが一番だろうとも思えたので、この「雑記」では割愛いたします。

最後に改めてもう一度書きますが、本当に面白い作品でした。
これは、宮内悠介の他の作品も読んでみなければなりますまい。




タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1928-3ae92975

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫