FC2ブログ

ヴァン・アーベルマート、ヨークシャーを制する

 2018-05-08
ジロ・デ・イタリアの放送権をDAZNに奪われ、この時期の目玉コンテンツを失った J-Sports。
そんな J-Sports がジロの代わりに中継を行いだしたレースの1つが、イギリスはヨークシャーを舞台に行われるステージレース、ツール・ド・ヨークシャーです。

レースの開催は3日から6日までの4日間。
もともとこれは、ツール・ド・フランスが2014年にヨークシャーでスタートしたことを記念して翌年始まった大会で、今年が第4回。
昨年より1日増えての開催となりました。

このツール・ドヨークシャーですけれど、景色も非常に美しくて画面を見ているだけでもかなり楽しめるようなものとなっています。
そういえば、「イングランドの庭園」とも称される地域でしたよね、ヨークシャーというのは。
1度旅行で行ってみたいなと思うこと必至であり、視聴者にそう思わせることができたというだけで、大会としては大成功と言っていいかもしれません。

なお、イギリス国内のレースではあるけれどもツアー・オブ・ヨークシャーと英語読みをせずに「ツール~」とフランス読みになっているのは、もともとこれが、ツールを記念するという流れで始まったレースだから。
主催も、ツールと同じASOになっていますしね。
ツール・ド・ヨークシャーはワールドツアーのレースではないので、その出場チームは、例えば裏開催のジロ・デ・イタリアと比べると見劣りするところもないわけではないのですけれども、それでも各チームが相当に熱い展開を見せてくれました。

総合優勝を獲得したのはBMCレーシングのグレッグ・ヴァン・アーヴェルマートです。
来年以降のメインスポンサーが決まっておらず少々危機的な状況にある、BMC。
そんなチームにとっても、貴重な勝利を手にすることとなりました。
この勝利を契機に、新たなるスポンサーが見つかればいいのですけれども、こればかりは分からないですよね。

思った以上に楽しめた4日間でした。


公式サイトはこちらから
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1918-600230a4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫