FC2ブログ

クリストフ、フランクフルト4連覇

 2018-05-02
フランドル・クラシックとジロ・デ・イタリアの放映権をDAZNに奪われてしまった J-Sports は、昨年から番組編成にちょっと苦労している様子が見て取れ、これまで種々の中継放送で散々お世話になっているだけに心配しつつ、大変だなと思っていました。
で、そんな工夫の1つとしてでしょうけれど、今までは中継していなかったレースが新たに、ジロ直前のこの時期に中継放送されるということに。
それが、ドイツを舞台に開催されるワンデイレース、その名もエシュボルン=フランクフルトです。
大会の名前がそのまま語っていますけれども、下のコースマップ画像が示しているように、フランクフルトと郊外のエシュボルンを中心に周辺を大きく周回するようなコースになってます。
ドイツで開催されるレース(ドイツ国内を通過したレースなら、確か、以前に観たことがあるはずですが)を見るというのは、実は何気にこれが初めてかもしれません。

レースはバーレーンメリダの新城幸也が開始早々にアタックして逃げ集団を作るという、我々日本人にはなかなか熱い展開でした。
とはいえ、さすがにそのまま逃げ切りを許すほど世の中というのは甘くできてはいません。
後ろから追いついてくる選手等も出てきて逃げのメンバーがシャッフルされていく中、チームメイトのアシストなどもした結果、新城はさすがに途中でちぎれてしまいました。
残念ですが、これは仕方がありません。

結局追走集団は、フランクフルト市内での最後の周回コースで逃げに追いついてこれを飲み込みます。
クイックステップ・フロアーズのエースであるフェルナンド・ガビリアがオーバースピードでゴール手前のコーナーに突入して失速するなど、ちょっとしたアクシデントを挟みつつも、最後はUAEチームエミレーツのエーススプリンター、アレクサンドル・クリストフが先頭でゴール。

クリストフはこれでこの大会4連勝だそうです。
途中で1年、開催されなかったと年がありますから、都合5年間フランクフルトの頂点に立っているということになるでしょうか……凄いですね。


公式サイトはこちらから
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1917-2504e53c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫