FC2ブログ

「リズと青い鳥」

 2018-04-22
京アニ製作の映画、『リズと青い鳥』を観てきました。
タイトルには一言も書かれていませんけれど、これが『響け!ユーフォニアム』シリーズの1作品であるということは、わざわざ私が言及するまでもないでしょう。
主人公である久美子たちが2年生に進学してから大会に挑むまでを描いた、『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』前後編が、原作です。

ただし、今回のこの映画は久美子たちの出番はほとんどありません。
いっそ、カメオ出演と言ってしまってもいいくらいのものです。
これは、原作の中から、主人公の1年上の先輩である 鎧塚みぞれ と 傘木希美 の関係にのみフォーカスして、そこを抜き出して、主に みぞれ の側から、この2人がお互いを思う気持ちのすれ違いと、和解と、解放を描いているわけですが……
山田尚子監督がこういう作品をやりたいと言ったのか、それともこういう作品を作ろうと考えた時に山田尚子監督の名前が挙がってきたのか、そこの辺りがどうなっているのかは知らないのですけれども、ひかし、いずれにしても実に山田監督向きのテーマであり、作品であると感じました。

演出、色彩設定、演技、全てにおいて、抑制されたというか、張り詰めたというか、ものすごく物静かなのですけれども、常にどこかに緊張感が漂っているようで……息をするのも忘れてしまいました。
何より、作画の脚へのこだわり、そして、ローファーでアスファルトを歩く足音、ゴム底の上履きで廊下を歩く足音、衣擦れの音、などなど、マニアックともいえる音響のこだわり(そしてそれが、作品の空気感をこれ以上なく豊かにしている)は、必見・必聴です。

この作品の為にキャラデザインも変更してきた(基本的なところはもちろん一緒ですが、デザインラインを、かなり繊細で、透明感を前面に押し出したようなものに変えた)のも、作品には大いにプラスに働いていました。
もちろん、その効果を狙ってのデザイン変更だったわけですけれど、こういう感じで、こういう演技をさせるような、こういう物語を作らせたら、山田尚子監督は、さすが上手いですねぇ。

画的にドラマティックなことは、ほとんどないような映画ですが、最初から最後まで、全く目が離せませんでした。
これもまた、傑作です。



公式サイトはこちらから
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1910-51bb0ca0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫