FC2ブログ

アラフィリップ、3度目の正直

 2018-04-19
アルデンヌクラシック第2戦目は、フレッシュ・ワロンヌ。
念の為、ベルギー東部のリエージュの南で行われるレースで、通称「ユイの壁」と言われる名物の坂で知られているレースです。

「ユイの壁」は何しろ「壁」というくらいですから、TV画面で見るだけで、これは歩いて上るだけでもかなりキツそうだなと思える、勾配と長さのとんでもない坂です。
しかし、このレースの厳しいところはそのような坂が「ユイの壁」だけではないというところにあります。
それだけに、見どころも多いと言えるでしょう。

さて、フレッシュ・ワロンヌは、ゴール直前の激坂を高速で走り抜ける走りを得意とするモヴィスターのアレハンドロ・バルバルデが、昨年まで4連勝を飾っています。
当然、各チームはいかにしてバルベルデにまともに勝負をさせないかを狙ってくるわけです。

その為、レースは最後まで落ち着きの少ない展開に。
最後の「ユイの壁」に入るまでに、バルベルデ本人とアシスト選手たちに仕事をさせて、その足を少しでも削っていこうという意図は、明らかです。
それが功を制し、レース終盤にはバルベルデのアシストとして集団に残っていられた選手がほとんどいないという、まさしく丸裸状態にディフェンディングチャンピオンを追いこみます。

さすがのバルベルデもこれには勝つことができません。

それでも、最後の「ユイの壁」で彼らしさの欠片を見せる登坂をしてみせたバルベルデでしたけれど、アシストを豊富に残したクイックステップ・フロアーズのジュリアン・アラフィリップには適いませんでした。
アラフィリップは2015年、2016年とバルベルデに敗れて悔しい2位となっていたので、今年はまさしく念願の、といっていいフレッシュ・ワロンヌの初制覇となりました。


公式サイトはこちらから
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1908-01bd2013

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫