FC2ブログ

「公正的戦闘規範」

 2018-03-31
藤井太洋の初短編集として昨年8月に発売された、『公正的戦闘規範』。
ここには、早川書房で発表されてきた4つの短編に書下ろしを加えた5作品、順に、「コラボレーション」「常夏の夜」「公正的戦闘規範」「第二内戦」「軌道の環」が収録されています。

技術やシステムの進化・変化が人の世にもたらすものと、それによって変わっていく人の在り方というようなものが、全ての作品に通底するテーマになっているようで、それはこれまで読んできた彼の長編作品にも共通するような気がしますから、つまるところ、作家としての藤井太洋が基本的にテーマとしていることが、そこにあるのかもしれません。
小川一水が同じようなテーマの作品を続けて発表していた時期もありましたし、SF的には定番の、一般的な題材ではあります。
が、巻末の解説で大野万紀が書いているように、藤井太洋は、かなりヘヴィーでディストピア的な状況が、科学技術と人の在り方の変容により前向きな未来を迎える可能性を描くことに、その特徴があるのでしょう。
だから、洒落にならない状況が描かれていたとしても、読後感はかなり爽やかだったりするわけです。

藤井太洋はソフトウェア会社への勤務経験があるので、例えば「コラボレーション」にはソースコードがそのまま書かれている部分があったり、他の作品にも同じような視点からの描写があって、その部分については、正直分からないで読み飛ばしたりもしているのですけれども、物語を楽しむという点で、それでも全く問題は無い、と感じました。
もちろん、その辺りまで深く理解できれば、本作の事を更に楽しめるのでしょうけれど、まぁ、そこはそれ。

この5編の中で一番気に入ったのはタイトルにもなっている「公正的戦闘規範」で、次いで「常夏の夜」、残りは同格3位ということになるでしょうか。
「第二内線」の、アメリカに近い将来起こり得るかもしれない分裂を描いているところは面白かったので、強いて1つを選ぶならばそれが第3位です。
といっても、この順位付けはそれぞれが非常にハイレベルなところでの話ですので、基本、どの作品を読んでも大いに楽しめることに違いはありません。

知的刺激もあり、物語としての面白さもあり、これは、お勧めの短編集です。


タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1895-c9101303

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫