FC2ブログ

「さよならの朝に約束の花をかざろう」

 2018-03-14
岡田麿里の初監督作品、『さよならの朝に約束の花をかざろう』 を、レイトショーで観てきました。
他の映画に行った時の予告編でいた映像、そして事前情報で得ていた物語のあらまし、更に本職が脚本家である彼女の初監督、ということで、そこまで期待はせずに劇場に足を運んだというのが、率直なところです。
まぁ、制作が P.A.WORKS なので、美しい画を堪能できるであろうことは、ほぼ確定的でしたから、それを大画面で楽しむという意味でも、映画館に行く意味はあるかな、と。

で、実際に見てみた感想なのですが……

いや、これは、想像していた以上にいい作品でした。
まず、画の美しさは想定内とはいえ、やはり劇場のスクリーンだと格別です。
そして、演出もいい感じに決まっています。
印象的な構図のカットが多かったですし、各キャラクターの、それぞれの局面における表情や動き、声の演技が、なかなかに優れモノでした。
話の根本的なところは非常にベタです。
それに、映画というフォーマットなのに作中で流れる時系列の長いストーリーでもあります。
それはつまり、下手をすればそのせいで散漫になってしまいかねないということになるのですが、丁寧でしっかりとした細かい描写と演出が全体を見事にまとめ上げていて、1つの、しっかりとした流れのある物語として、かなり高い完成度を作り上げていると感じました。

登場人物たちの行動に納得がいくかどうか、共感ができるかどうか、そこまで行かなくとも理解ができるかどうか、そこがちょっとしたハードルになる、というようなこともあるかもしれません。
男性にはわかりにくいが、女性には腑に落ちる、という意見もあるようです。
ともあれ、観る人によって様々な感じ方、解釈をすることができる作品であるということは、間違いのないところでしょう。

川井憲次の劇伴も、ラストのエンドロールで流れた主題歌も、良かった。
総じて、大満足のできる作品でした。

これに関しては、できるだけ事前情報を排した状態で観るのが正しいと思うので、ここでの紹介もここまでにしておきますが、公開が続いているうちに、絶対に映画館に足を運ぶべきだと思います。

サントラ、買おうかな……?


公式サイトはこちらから

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1890-df8e80bc

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫