コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第23話

 2008-09-14
シュナイゼル、やはりラピュタ王を気取るつもりのようです。
全世界の主要都市を照準に入れられる地上300㎞の高度まで上昇したダモクレスからフレイヤ弾を一斉発射して戦争を行う各国の首府を消失させて、ペンドラゴンを失ったブリタニアと同様の政治的混乱を生み出した、そこに乗じて、いつでもどこにでもフレイヤを撃ちこむことができるんだぞ、と宣言して恐怖により世界を掌握する。
自分は神になって人類に躾をするのだ、とシュナイゼル。
コーネリアがあっさりと退場しすぎたような気もしますが、彼女には、シュナイゼルに本心を語らせる役割、そして、邪魔となれば身内でもあっさりと始末するシュナイゼルの非情さを強調する役割が与えられたということで、ここでの彼女の退場には物語上の意味はあります。
それは理屈として理解しつつ、それでも惜しいな、と思ってしまうということは、つまり彼女のキャラが立っていた、私がそれをちょっと気にいっていたということなのでしょう。

さて、そのようにコーネリアを表情も変えずに始末したシュナイゼルのことです。
ナナリーには嘘を告げていましたが、実際には避難勧告を一切出さず、誘導もしなかったというペンドラゴンにいたと思われるオデュッセウス達についても、その命を奪うことについて、何の感情も湧いてこなかったに違いありません。
コーネリアに語った、ギアスによってルルーシュに絶対服従をさせられているよりもマシだろうとの言葉から類推するに、あるいは、シュナイゼルにしてみれば今回のフレイヤ使用によって兄妹達を救済したのだ、くらいのことは考えていそうです。

そしてナナリー。

兄であるルルーシュに対して自分の意思を主張してみせた彼女ですが、それでも、結局のところシュナイゼルにいいように使われているに過ぎないという、この哀れさ。
自分達が今まで奪ってきた命を無駄にしない為にも、ルルーシュとスザクは自分達の戦略目的をここで変更することはできない。
失われた命への鎮魂歌、ゼロ・レクイエムをやめることはできない。
だから、もうナナリーを特別扱いすることもできない。
それでも、自分の為にルルーシュがゼロになったのかと問うナナリーを、全て自分の野心からしたことだと突き放し嘲笑してみせたのは、それでシュナイゼルがごまかされるなんて甘いことを考えるルルーシュではないでしょうし、もちろん、最愛の妹へのせめてもの優しさなのでしょう。
シュナイゼルには、こういう情の部分が一切ないんですよね。
ルルーシュの人質となった超合集国の首脳たちについても、各国で代行が選出されている以上、人質としての価値は無い、と言いきっていますし。
天子や神楽耶の命は重視されるべきだと考える星刻と扇達との考えのズレ、それを黒の騎士団側に認識させておきたいからこそ、オープンチャンネルで人質宣言を行ったのでしょうね、ルルーシュは。
だからこそ、「シュナイゼル、あなたにとっては関係ない人達」だと指摘し、シュナイゼルの「世界の平和とわずかの命」という発言を引き出した。
これが次週以降生きてくるのでしょうか。

そしてルルーシュとスザクのブリタニア軍と、シュナイゼル+黒の騎士団が全面対決。
序盤はお互いの手の読みあいから始まって、戦端が開かれ、そしてルルーシュが富士山のサクラダイト鉱脈を自爆させたことによって黒の騎士団が崩壊、シュナイゼルがフレイヤを放ちます。
ヴィレッタの妊娠なんてことがありましたから、扇はこれで死んでしまうかと思ったのですが、しぶとく生き残っていましたね。
この2人はブリタニアと日本という境界を越えて結ばれており、ルルーシュとスザクが作ろうとしている世界にとっては象徴的な存在になり得ますから、コーネリアとは違い、ここで殺してしまうわけにはいかない、ということでしょう。
果たして、星刻やカレン、ジノ、アーニャといった面々がシュナイゼルの本性に気付き、ルルーシュやスザクと共闘することはあるのでしょうか。

http://app.blog.livedoor.jp/koubow20053/tb.cgi/51089994
http://blog.seesaa.jp/tb/106549280
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/958-462bd6f5
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10139168508/8ac2c18a
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/200809140003/8b627/
http://wjham.blog95.fc2.com/tb.php/644-f69a36f9
http://dengekijap2.blog102.fc2.com/tb.php/1183-1e236a6c
http://jigo.blog102.fc2.com/tb.php/696-9231cfec
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/tb.php/484-1a7c8ea7
http://www.mypress.jp/trackback/tb.php/1769066
タグ :
コメント
ナナリーに愛想づかしをするルルが痛々しかったです。落ち込むルルを叱咤するスザクも哀しいんだけど、頼もしかったです。2人(とC.C.)がやろうとしているゼロ・レクイエムとは、一体どんなものなんでしょうか。
そして、そして、コーネリア様がぁ!
ホントに、シュナイゼル怖いです。彼には「情」というものが全く無いんですね。でも、「情」を利用することはできるという…。
あと2回、どういう決着になるのか、ドキドキです。
【2008/09/15 12:24】 | ゆぅべ #PvuSrscg | [edit]
放送も残すところ2回。
この物語はどう終わるのか、本当にドキドキしますよね。
ゼロ・レクイエムの内容はまだ分かりませんが、ルルーシュもスザクも、その完遂の為には自分自身の命はどうなっても構わないと考えているのではないでしょうか。
いや、もしかしたら、最後には彼等が命を落とすという事まで含めてのゼロ・レクイエムなのかもしれません。
C.C.に対してルルーシュの盾になってほしいと告げたスザク。
この「盾」というところが、最終展開に意味を持ってきそうな予感も、実はしています。
【2008/09/15 16:13】 | たっぷ #7aaudPik | [edit]
追記です。

感情に流されないシュナイゼルは、情を捨て切れないルルーシュをその点で圧倒し、序盤は優位にことを進めれているようです。
しかし、星刻が天子に寄せる、そして扇やカレン、藤堂といった黒の騎士団のメンバーが神楽耶に寄せる敬愛の情を、自分にとっては意味や価値の無いものだからと軽視した結果、手痛いしっぺ返しを喰らって破れていくことになるのではないか。
ちょっとロマンチストに過ぎる展開かもしれませんが、物語の幕引きとしては、それが一番綺麗な流れなのではないでしょうか。
あくまでも私の希望としては、ですけれど……。
【2008/09/15 22:28】 | たっぷ #7aaudPik | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/189-61ac1a41

  • コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN23『シュナイゼル の 仮面』【風庫~カゼクラ~】
    おぉ~ルルーシュの成長が見られたぜ!な コードギアス R2『シュナイゼルの仮面』。 ナナリーの前でも偽悪的仮面を被り続けられたルルーシュに ちょっと感心してみたり。 にしても壮大な親子喧嘩の次は鬼畜な兄弟喧嘩か。 なんという傍迷惑な一族なんだ(汗)
【2008/09/15 03:35】
  • コードギアス反逆のルルーシュR2 第23話「シュナイゼル の 仮面」【のらりんクロッキー】
    「仮面を使いこなせない男に勝利は無い」 ラスボス、シュナイゼル、本性を現す!! ルルは皇帝なんかと戦ってる場合じゃなかったですね。 真の敵がついにルルに牙をむく! ナナリーのだまされ人生に涙。 ある意味フレイヤで散った方がよかったかもねナナリーは...
【2008/09/15 08:00】
  • コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN23「シュナイゼル の 仮面」【MAGI☆の日記】
    コードギアス反逆のルルーシュR2の第23話を見ました。TURN23 シュナイゼル の 仮面帝都ペンドラゴンがフレイア弾頭によって消滅したと話が広がる。「帝都が消滅だと!?噂話だとしても不謹慎である」「いいえ、おそらく本当のことです。ルルーシュ様にお取次ぎ、を…」「...
【2008/09/15 12:08】
  • 飽きもせずにギアスR2の感想を嗜む【【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式】
    ・・・・前回の神楽耶の涙にOGV!した人! ノシ ・・・・ちなみにOGVとは、 >【オニンニンがヴォッキッキ】 > >月刊アフタヌ...
【2008/09/15 20:52】
【2008/09/15 23:38】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫