喜寿祝い

 2018-02-11
大学時代の恩師の喜寿祝の会が開かれるという情報を、同じゼミで学んだ当時からの友人がメールで知らせてくれたのは、昨年の10月のことでした。
転居をしていることを同総会には知らせていませんでしたし、先生とも卒業以来お会いしていないような状態でしたが、そういうことであれば、私も久し振りにご挨拶をしたい。
主催の方に、友人から問い合わせてもらったところ、私の出席もOKという返事をいただいたので、実は、昨夜は、その会に出てきました。

まるで連絡もせずに音信不通になっていた恩知らずな教え子ですが、学部時代に先生に教わった色々なこと、専門でいらした国際法や国際機構論の話だけではなく、調べ物をする時の姿勢、それを文章にまとめる時のやり方などなど、その後の私の人生に大きな影響と、様々な教えを授けてくださったこと、「感謝している」という言葉では到底足りないほどに感謝しているのです。
その気持ちを、少しでもお伝えできればというのが、今回の会に参加させていただいた、私の最大の目的でした。
もちろん、卒業以来会っていない当時の仲間に久し振りに会えるかな、という期待もあったことは否定はしませんが。

とても楽しい時間を過ごせ、良い会だったと思います。

それにしても、皆さん、社会で大いに活躍されている人ばかりです。
われとわが身が悲しくなってきそうでした。

いや、まぁ、私は私で、社会的に有意な人間たるべく、全力で頑張っていくだけですけれども。
こういうことを書くのもおこがましいのですが、負けていられないですね。

最後に、(このブログを先生が読まれることは、ほぼ100%あり得ないでしょうけれど)先生、喜寿、おめでとうございます!
先生は、私にとってまさしく心の底から 「恩師」 と呼ぶべきお方です。
これからも、お元気で過ごされることを祈念いたしまして、今回のエントリを終わらせていただきます。

 ~不詳の教え子より~

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1877-fa04b18e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫