「魔導の矜持」

 2018-02-17
「真理の織り手」シリーズの第3作である、佐藤さくら の『魔導の矜持』を読了。

デビュー作であった『魔導の系譜』、舞台を隣国に変えて描かれた第2作の『魔導の福音』に続く3冊目は、物語構造としてはかなりシンプルな作品となりました。
第1作目は作者の「これが書きたい」という気持ちが全面的に前に出ていて、また、デビュー作という事もあってか文章がこなれていないところもあり、少々の読みにくさがあった作品でした。
意欲や情熱を書き手が御しきれていなかったと言い換えてもいいかもしれません。
それが、学園青春モノの要素が加わった2作目で、その読みにくさが一気に薄れて、娯楽作品として単純に読みやすい、サクッと読み進めることのできるものになったなと感じたのですけれど、今回の第3作は、そんな第2作目を更に上回って読みやすい作品になっています。
それは、物語の紡ぎ手として 佐藤さくら の技術が上がっているというのもあるでしょうが、先にも書いたように、この『魔導の矜持』のストーリーがシンプルなものだからというのも、大きいのかもしれません。

では実際、本作はどういうストーリーだったのか。
ざっくり言ってしまえば、第1作目で発生した内乱以後、魔導士への迫害が深刻化・悪化しているラバルタで、村人による私塾の襲撃で師や学友を殺され追われる身となってしまった子供達が、何とかそれを逃れて落ち着ける地までたどり着く物語、という表現で、まずまず、過不足はありません。
ここに、内乱で負った精神的外傷に苦しむ元騎士とか、廃嫡されてしまった貴族の庶子等が絡んできて、話には厚みが増されていくのですけれども、基本は、迫害された魔導士候補の子供達の逃避行。その一点に絞って書かれています。

異能力保持者が迫害されるというのはSFやファンタジーに限らず、結構お馴染みの設定ですが、中世ヨーロッパの魔女狩りその他の史実があるだけに、異物(と感じる・信じる相手)を排除しようとする人の行動が生み出す愚かしさや悲劇といったものには、リアリティーがありますよね。
売れ行き次第でまだまだシリーズを続けるつもりはありそうなので、この物語、この対立軸を、これからどうしていくつもりなのか、第4作の発表を待ちたいと思います。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1875-c2505def

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫