今期開始アニメ 雑感 その2

 2018-01-18
2018年冬クールの新作アニメの第1話を見ての雑感、今回は、その第2弾です。

1) ヴァイオレット・エヴァーガーデン

ベタといえば、かなりベタな、オーソドックスなテーマの作品ですね。
それを、丁寧な語り口と演出、綺麗なビジュアルで淡々と描いているな、というのが、第1話の最大印象。
意外性は無いとしても、このままこのクオリティーを保ってこの感じで1クールを描いてくれれば、それだけでなかなかの佳作にはなりそうな、そんな気がしています。
ラストシーンがどんなものになるかまで思い浮かべることができますが、さて、その想像は、当たるのでしょうか、それとも外れるのでしょうか。

2) ハクメイとミコチ

原作の持ち味を上手く画面に再現することができていた、かな?
徹底して待ったりしたテイストで進む作品ですから、その点を他の視聴者がどう受け止めるかがちょっと不安なところでもあったのですけれども、今のところ、原作未読の人にも概ね好評に受け入れられているようなので、それは良かったなぁと、ほっとしています。
別に私は 『ハクメイとミコチ』 の関係者でも何でもないのですけれど、連載開始当初から好きな作品だけに、ここで変なアニメ化がされてコケてしまうようなことになるのは嫌だな、と思っていたのです。
物語は、基本、こんな感じで何ということも無く進んでいくわけですが、第1話のクオリティーを落とさずに作り続けてくれていれば、そうそう変なことにはならずに済みそうですね。

3) BEATLESS

キャラクターデザインがもっとクールで硬質な感じになってくれていた方が、この作品に対して私が持っているイメージには合っていたかなぁ……
human Interface Elements(hIE)とかレッドボックスとかの説明は第2話以降として、状況をガッと描いて視聴者の興味を引き付けようというのであれば、これはこれでアリなのかな、という第1話でした。
要素要素に、ラノベ的な、いかにも萌え系な要素をぶちこみつつ、実際に繰り広げられるのは、かなりハードでシリアスな、人とAIの物語であるというのが、原作 『BEATLESS』 だったと記憶しているのですけれど、その辺りが、今回のこのアニメ化でどこまで描かれるのか。
個人的には、視聴率だの円盤の売上だのを気にしないで、ただ原作のテーマに殉じて極北まで行ってほしいと思わないでもないのですが、アニメ制作というのは経済活動ですし、ウケとかセールスというのは意識しないわけには行かないわけで、さて、このアニメ化がどこまでのものになるのか、とりあえずは、お手並み拝見かなぁという感じ、でしょうか。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1866-0f75668c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫