終わってますね……

 2008-09-06
若ノ鵬の大麻所持での逮捕をきっかけに相撲協会が実施した抜打ちの簡易検査で陽性が出ていた露鵬と白露山、三菱化学メディエンスによる精密検査でも「クロ」と出ました。
角界の大麻汚染はもちろん大問題ではありますが、それにしても理解できないのが、この期に及んでも両力士を庇い、秋場所への出場を認める発言をしている北の湖理事長の常識の欠如具合。
「本人がやっていないといっているのだから」今回の精密検査が陽性でも「別のところで調べてもらう」つもりであるとし、更に秋場所出場について「そのつもりでけいこしている。何がいけないの」と話すとは、この危機意識の無さ、身内への甘さは、何でしょう?
あくまでも本人の主張を信じたいという師弟愛も、ここまで来ると美しいを通り越して滑稽でさえあります。
あるいは、警察が逮捕するまではあくまで2名を「シロ」として扱うというのは、自分の部屋の弟子である白露山を解雇することは親方としての管理責任を問われることになり、ひいては理事長職の辞任のみならず、自身の角界引退にも繋がるというからなのかもしれませんけれど……。
現時点で協会の対応のまずさから、もう既に大相撲そのものが抜き差しならない状況になりつつあるのに、当の相撲協会だけにはその認識が無いというのは、これは喜劇ですね。秋場所の中止も考慮しているとした貴乃花親方が、唯一、まともなことを言っていたように思います。
最初の簡易検査で陽性が出た時点で、少なくとも秋場所は休場させることにするべきでしたし、今日の精密検査でも陽性が出るに至ったのですから、その報告を受けて即座に解雇を決めるべきでした。
理事長のコメントを見ていると、ついつい、数日前にどこかで見た記者会見を思い出してしまいます。

相撲協会と私はね、自分自身を客観的に観ることができるんです。あなたとは違うんです。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/186-c49c7851

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫