今季終了アニメ 雑感

 2018-01-02
新年早々のエントリーとしていきなりこういう話をするのは、一般的にはどうなのかというところでしょうが、そこをどうこう考えるのも今更ですよね。
このブログは自分が好きなことを好きなように書きなぐっていくというのがコンセプトですので、この際、そこは気にしても仕方ないのではないかな、と。

要は、例年は年末年始はそれっぽいものを投稿していたのですが……今年は、その準備をする余裕がなかったのです。
なので、2018年最初のブログは、この話題から。
そう、昨年末で放送が終わったアニメの、最終回を見ての感想です。

1) 宝石の国

雰囲気はバッチリ出せていましたし、全体的な完成度は非常に高い作品でした。
しかし、原作が完結していないものを、しかも1クールだけの放送ということで、「物語を描く」ということには、おのずと限界が出てきてしまいます。
この『宝石の国』も、結果、非常にいいところで、中途半端に終わることになってしまったので、そこがいかにも消化不良でならないのが、非常に残念です。
アニメとしては、かなりハイレベルだったのですが。

2) アニメガタリズ

「うーん、微妙だなぁ」と感じながら何となく観続けてのですが、終盤のメタにメタを重ねる展開で、これを切らなくて良かった、と思わされた作品。
『勇者特急マイトガイン』のブラックノワール程のインパクトは無かったのですが、その代わり、色々なパロディー、ネタを仕込んで、これでもかと畳みかけてきたのには、思いっきり笑わせてもらいました。
内輪ネタといってしまえばそれまでかもしれませんけれども、今のマーケットを考えた場合は、こうして、アニメファンのみに向けた作品を作るというのも、大いにアリでしょう。
そもそも放送枠が深夜ということが仮に無かったとしても、企画の時点で、一般視聴者も引き付けようとか、そういうことは考えていないタイトルであることは、誰が見ても明らかなわけですし。
面白かったです。

3) クジラの子らは砂上に歌う

基本的に、『宝石の国』 と言いたいことは同じ。
原作の販促をするのがアニメ化でると割り切るのであれば、確かに、ちょっと興味が出ている私がいるので、秋田書店としてはこれで大成功なのでしょうけれど。
それが悪い、とは一概には言えないとはいえ……
第2期というのは、この手の作品で、こういう感じだとしたら、多分難しいんだろうしなぁ。

4) Just Because!

青春モノ、いいですねぇ。
2017年春クールの 『月がきれい』 も良かったですし、個人的にはこういう作品が定期的に発表され続けられるようなアニメ界であってほしいと思っています。
最終話におけるラストの展開は、正直、何故そこまで引っ張る必要があったのかという疑問が多少無くもないのですけれども、まぁ、卒業式後のすれ違いとか、ありましたし、そのせいでああいうタイミングになった、という解釈ができるかな。
LINEの投稿への未読が1ヶ月続くというところは……美緒の意地、ということでしょうか。
途中、作画が少しアレな時もありましたが、キャストも熱演していたし、背景や演出には力が入っていたし、物語は私の好きなタイプだしで、楽しませてもらいました。
このクールでは、一番、この作品が好きだったかな。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1858-44544066

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫