FC2ブログ

「卒業のカノン 穂瑞沙羅華の課外活動」

 2017-11-18
デビュー作である 『神様のパズル』 から続いてきた「穂瑞沙羅華シリーズ」の最終巻にあたるのが、機本伸司の 『卒業のカノン 穂瑞沙羅華の課外活動』 。

ヒロインの穂瑞沙羅華がシャーロック・ホームズ、その助手役にして主人公の綿貫基一、愛称「綿さん」がワトソンであるのは言うまでもないわけです。
が、シリーズ完結を記念して機本伸司が後書きにて行った種明かし……というか、ネタバレにて、それに加えて、他にも色々と、ホームズ関係を中心にしたネーミングのお遊びがあることが書かれていました。
その中にはこれまでシリーズを読んでいて既に「これはアレなんだろうな」と分かっていたものがありましたが、その一方で、なる程これもネタだったかと教えられたモノもあります。
そういうことを知っていようと知っていまいと、作品を読むうえでは特に違いは無いのですけれども、まぁ、作品を読む上での彩りというか、オマケ部分がちょっと増える、という効果はありますね。

さて、そういう前置きはさておき、今回の 『卒業のカノン』 です。
今回のエピソードに盛り込まれた科学・物理的なガジェットは、宇宙太陽光発電。
衛星軌道上に太陽光発電衛星を設置し、そこで発電した電力を、レーザー波やマイクロウェーブの形で地上に送信する、という、アレです。

カリフォルニア州沿岸と東京湾の2か所に巨大な受電設備を建設し、宇宙太陽光発電を事業として行おうというアルテミSS社から、沙羅華に対し、彼女を始めとする遺伝子操作された天才児を生み出してきた元凶である、ゼウレト社CEOシーバス・ラモンの警護要請が来る、というのが、ストーリーの出だし。
詳しいことはこれから読む人の楽しみを奪わない為に書きませんけれども、沙羅華と綿さんのいつものやりとりを堪能できる内容で、シリーズをここまで追いかけてきた身としては、意外性は無いものの、望んでいた、期待していたものを読ませてもらったという感じです。

そして、シリーズ最終巻ということですので、ラストには……っと、これもまた、これから読む人のお楽しみですね。

これでシリーズ完結というのはちょっと寂しいですけれども、シリーズの幕引きにはふさわしい内容だったと思います。
面白く読ませてもらいました。


タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1840-9f562345

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫