SUICIDE SPORTS CAR 「Backseat Butterfly」他

 2017-11-15
私と出口雅之との最初の出会いは、知人から彼がメンバーになっているグループのCDを借りたことでした。
結果、GRASS VALLEY でのデビューから今に至るまで、一応、音源としてリリースされているCDは、大抵のものを保有するに至っています。

そんな彼の、GRASS VALLEY での音源も(何しろ才能と実力を併せ持つメンバーが集まったグループでしたから)いいのですが、今回紹介するのは、1998年から2000年代半ばくらいにかけて活動していた、SUICIDE SPORTS CAR の楽曲です。
このグループのコンセプトは、クラブジャズ、ラテン、ロック、ディスコ、スパイサウンドという感じで、スタイリッシュにかつちょっとした猥雑さも漂わせたりしていて、かなり格好良いものとなっています。

出口雅之 の歌い方は、これは悪口だとは受け止めて欲しくないのですけれども、いかにも 「作った」 感が満載の艶っぽさで、特徴的でもありますから、それと知らずに聴いた場合でも、多分、この歌声が流れた瞬間に、「あれ、これは出口雅之じゃないのかな」と気づくことができるでしょう。
そういう個性があるのはボーカリストとしては大正義なわけですけれども、この作り物加減が苦手、という人も多いと思われます。
実際、私の周囲で、彼の音源を聴かせた時に「うーん、この歌い方は好きじゃないなぁ」という拒否感を示した人も、それなりにいますしね。
その反面、ハマる人はハマるのも事実。
例えば STING や DAVID BOWIE のような、自然に滲み出てくる色気ではなくて、意図的に狙って作られたダンディズム。
それが、出口雅之、かなぁ。

その、ちょっとフェイクっぽさすら漂うような出口雅之の持ち味が、一番生きている、一番格好良く出ているのが、SUICEDE SPORTS CAR である。
熱心なファンの方には色々と異論がありそうなことばかり書いてきましたが、私は、常々そのように思っています。

それでは、そんな SUICEDE SPORTS CAR の楽曲をお楽しみください。
なお、動画が見つけられなかったので紹介楽曲の中には含まれていないのですが、SUICIDE SPORTS CAR がノンストップディスコサウンドに挑戦したアルバム 『SPY DISCO』 は大変な名盤なので、それも合わせて紹介します。
問題は、どれもこれも、廃盤になっている、ということでしょうか……












タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1839-86dc8405

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫