ジャパンカップ クリテリウム 2017

 2017-10-23
栃木県の宇都宮市で毎年この時期に行われているのが、日本でも有数のビッグレースの1つである、ジャパンカップ。
今年も、先の週末、21日、22日に開催されました。
全部で2日ある日程の初日は、宇都宮市内の目抜き通りに交通規制をして、多くの観客が簡単に観戦できる環境でのクリテリウムレースが行われます。

毎年書いているので今さらと思うかもしれませんが、「クリテリウム」とは何だという人がいらっしゃるかもしれないので簡単に説明をさせていただくと、要するに一周が数キロメートルという短い距離で設定されたコースを使った、周回レースになります。
この大会のコースは1周が2.25キロメートル。
2周のパレードランを含めると、そこを全部で17周するので、総距離は38.25キロという計算になりますね。

何といっても、9月のブエルタ・ア・エスパーニャで現役を引退したアルベルト・コンタドールが、この今年のこのレースにはゲストで参加しているというのが一番の話題です。
彼は小柄なクライマーでスプリンターではないですから、このレースで結果を出そうとしての参加というわけではありませんが、コンタドールは日本にもファンが多い選手であり、今回の出場はそんなファンへの挨拶という意味もあってのことでしょうから、それはそれです。
それに、トレック・セガフレードの一員としての参加ということは、クリテリウムの3連覇を狙っている別府史之のアシストをコンタドールがするということにもなるわけで、それは、かなり興奮させられます。

さて、生憎の雨の中、滑りやすい路面で行われたレースは、最終スプリント直前で起きた落車で集団が割れる展開に。
そこを上手く抜け出してリードすることができた、NIPPOヴィーニファンティーニのエース、マルコ・カノラがロングスプリントを成功させて優勝となりました。

別府史之は、落車の影響で勝負に絡むことはできませんでしたが、レースを通じて終始集団のコントロールをしていたトレック・セガフレードの、その先頭をコンタドールが引いている姿などを見ることができたのは、嬉しかったですね。
土日は毎週、色々と用事が入ってしまっている状態なので、今年も生で観戦しに行くことはできませんでしたが……
いいレースだった、と言えるのではないでしょうか。


公式サイトはこちらから

カテゴリ :自転車レース トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫