「エルネスト」

 2017-10-15
今年はエルネスト・ゲバラの没後50年だそうです。

誰だそれ、と思った方もいるかもしれないので、説明すると……
チェ・ゲバラという呼び方の方がよく知られている、、あのゲバラです。
アルゼンチンで生まれ、キューバ革命で名を知られ、その後はアフリカのコンゴ、中米のボリビア等で革命活動を行うものの、ボリビア政府軍に襲撃され最後は銃殺ということになった男。
その共産主義思想に共鳴してはいないのでしょうが、彼の肖像がデザインされたTシャツなどの衣類をファッションとして着用している人を、よく見かけますよね。

そんな年に、日本とキューバの合作作品として公開されることになった映画が、『エルネスト』。
このタイトルだけ見るとゲバラのことを描く映画なのかと思ってしまいますよね。
しかし、実際はそうではありません。
これは、ボリビア革命でゲバラと共にあった日系人のフレディー前村を主人公にして、そのキューバでの医大生時代の日々を描く、まさしく青春映画と言える作品になっていました。

なお、事前の宣伝活動だと、キューバ革命かボリビア革命の闘いの日々でも描いている映画なのではないかとついつい思ってしまうのですけれども、それは間違い。
実際には、東西冷戦下で緊張の高まる中南米で、ハバナの医科大学に留学したボリビアの若者が、仲間だったり好きな女性だったりと過ごす日々にフォーカスした物語です。
つまり、あの宣伝方針は誤解を生むだけで失敗なのではないかと思ってしまいます。
逆効果なんじゃないかな、あれ。

後は、全体的な物語のバランスがちょっと微妙なのも、問題です。
例えば、プロローグとエピローグの広島でのシーンが本筋と今一つ融合できていないで浮いていたり、物語にメリハリが欠けていたりしたのは残念で、そういうところが無ければもっと面白かったのに、青春モノとしていい感じな要素はあるのだから、そこが上手くできていればな、というのは、かなり残念でした。

主演のオダギリジョーの熱演は素晴らしいですし、ハバナの映像は美しかったのですけれど、総じて「惜しいな」としか言えない作品だったかと。


公式サイトはこちらから

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1829-ad494339

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫